雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

がんばる!たまごにいちゃん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

がんばる!たまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年
ISBN:9784790250814
評価スコア 4.74
評価ランキング 885
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たまごにいちゃん、心も成長する。

    • ほっぺこさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子4歳、男の子0歳

    「たまごにいちゃん」の続編です。
    是非「たまごにいちゃん」を読んでからこの本を読んで欲しいと思います。
    たまごにいちゃんはさらに成長し、殻から完全に出てきたところから始まります。
    でも実は尻尾のところに殻がくっついています。
    たまごにいちゃんはお兄ちゃんとして振る舞おうと、おとうとや妹たちに強がります。
    しかし、卵に戻りたくなってしまったたまごにいちゃん。
    ともだちが心配して相談にのり、卵の殻の代わりになるものを泥だらけになりながら探してくれます。
    しかし、ぴったりな殻の代わりは見つかりません。
    そこでたまごにいちゃんはともだちに、みんなはたまごに戻りたくないのか聞きます。
    友達は大きくなる夢をたまごにいちゃんに語ります。
    それを聞いたたまごにいちゃんも、大きくなる事が楽しみになりました。
    最後に尻尾についてた殻もポロリと取れておしまいです。

    現在弟が出来て、赤ちゃん返りするかなという時期の長男。
    甘えたいけど、お兄ちゃんとして頑張りたい気持ちがドンピシャな状態です。
    弟の前ではカッコつけたいようで、泣いてると、弟に見ないで!と言います。
    そこに大きくなる楽しみを教えてくれる、とてもいい本だったと思いました。
    そのお陰か?赤ちゃん返りはしませんでした。

    掲載日:2017/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな弟や妹がお母さんに甘えている姿を見て、たまごに戻りたいと思ってしまうたまごにいちゃんでしたが、大きなとさかにあこがれる友達に影響を受けて、「ぼくだって!」と大きくなる方を選択したたまごにいちゃんでした。最初のページよりもひと皮(殻)向けたように感じましたw

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまごにもどりたい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    たくさんの弟や妹の面倒を見る頼りになるたまごにいちゃんですが、たまごにもどりたいときだってあるようです。うちのこたちも赤ちゃん化して、甘えることがあるのでわかるなーと思いつつ読みました。
    できることはたしかにいっぱい増えたよね。がんばってます。

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 殻がないたまごにいちゃん

    たまごにいちゃんって殻がついていたはず・・・

    なんて記憶していましたが、この絵本のたまごにいちゃんは

    成長して殻がとれたたまごにいちゃんでした。

    この絵本はちょっと成長したこどもがやっぱり

    赤ちゃんだったころを懐かしみ、ちょこっと甘えた気持ちになる

    そんな子供に近い気がします。

    たまにママに甘えておっぱいを触ってしまう子供みたいに

    かわいいと思いました。

    たまごにいちゃんの友達はいい友達ばかりです。

    掲載日:2013/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがわかるなー

    4歳長女が借りてきました。

    お兄ちゃんになった「たまごにいちゃん」弟や妹が出来て、得意げですが、ひとりになるとたまごの頃が
    懐かしくなります。いろんな殻代わりを探してもらいますが、なかなかありません。

    たまごにいちゃんの友達は、小さな頃を懐かしむのではなく、「早く大きくなりたい」と未来を見ています。

    私自身昔を懐かしんだり、子供達が大きくなっていくのが寂しいと感じることもあります。それじゃダメだなあ。大きくなっていくことをうれしく思えるようになりたいと感じました。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分の子供を見るみたい

    ちょっと前までたまごの中にいた「たまごにいちゃん」が、急に寂しくなります。
    うちの子供もだいぶおにいちゃんになってきたけど、夜寝るときは赤ちゃんにもどったように甘えん坊です。
    「たまごにいちゃん」みたいに、お父さんに憧れて大きく成長して欲しいと思いました。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の長男も…

    たまごにいちゃんシリーズ大好きです。
    あきやまただしさんの絵本は絵も話もわかりやすくって、
    ちいさいお子さんにお勧めです。
    それだけではなく、メッセージも含まれているので、
    子育て真っ最中のお母さんにもお勧めです^^
    この『がんばる!たまごにいちゃん』はおにいちゃんの辛い立場が
    描いてあります。我が家の長男も8歳になりますが、
    まさに、このたまごにいちゃんにそっくりだと思います。
    お兄ちゃんらしくなってきたなぁと思っていたら、
    弟や妹より赤ちゃんぽいところがあったり…。
    お兄ちゃんて自分でもわかってるんだけど、お母さんにまだまだ
    甘えたいんだと思います。
    最後に、たまごにいちゃんのお尻についていた殻が
    ぽろっと取れちゃうところに子供たちはかなり反応していましたよ。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長過程

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    ついにたまごを卒業した たまごにいちゃん(もとい、お兄ちゃん)。
    立派なお兄ちゃんになり、弟や妹も憧れています。

    だけど、ふとしたとき、たまごに戻りたいと切なくなってしまいます。

    お兄ちゃんになったって、弟や妹が羨ましかったり、お母さんに甘えたい気持ちはあって当然ですよね^^

    “たまごに戻りたい”という気持ちを友達に打ち明けると、友達はお兄ちゃんのために、たまごの代わりになるものを必死で探してきてくれます。
    その友情にアッパレ☆


    けど、お兄ちゃんの背中を押したのもお友達でした。
    大きくなるって、辛いことや、我慢しなきゃいけないことも勿論出てくるけど、
    それ以上に、楽しいこといっぱいありますよね。

    それを友達から教えられたお兄ちゃんは、また一歩、真のお兄ちゃんへの道を歩き始めました。


    母親の立場から読んでいると
    「あらあら、そんなに頑張らなくても、甘えてくればいいのに」って思っちゃいますけどね^^
    でもこれが、子供の旅立ちですね^^

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれ!がんばれ!

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    いつまでもたまごのからをかぶったままだった「たまごにいちゃん」
    も、殻から出てにわとりとして成長する姿を可愛く描いてあるこのシリーズは我家でも人気です。


    今回は殻から出たものの・・・お母さんから離れてしまうのが寂しくなったたまごにいちゃんを友達が心配して助けてくれる素敵なお話でした。

    いつまでもにわとりになりきれないたまごにいちゃんを笑う事なく、
    助けようとしてくれる友達・・・そんな友達を見ていてついにたまごにいちゃんも!!

    子どもの成長ってこんな感じなんでしょうね。

    この本を読んだ後はみんなの顔も『がんばる!』って顔になるから不思議です。

    掲載日:2009/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友だちの存在

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子2歳

    一作目からちょっと成長した、たまごにいちゃん!
    でもよく見るとお尻にまだ殻が…。かわいいです!
    思った通り?やっぱり殻に戻ってお母さんに甘えたくなってしまう、たまごにいちゃんを助けてくれたのは、お友だちの存在でした!
    子どもの成長は行きつ戻りつ…少しずつ心も身体も大きくなっていくんだと改めて感じ、その中で友だちの存在、影響も大きくお互いに色々学び合っているんだと思います。
    我が子と重ねて読んでしまいました。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「がんばる!たまごにいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / くっついた / ビロードのうさぎ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット