もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

きつねとねずみ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

きつねとねずみ 作:ビターリー・V・ビアンキ
絵:山田 三郎
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1967年03月
ISBN:9784834000962
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,436
みんなの声 総数 37
「きつねとねずみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きっと何度も読みたくなる、味わい深い絵本

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    最初の見開きページを見て、「わぁ〜」と思いました。
    上の方に描かれたきつねの親子、
    下の方に描かれたねずみの親子、という絵の構図が珍しいし
    きつねのだんなとねずみのお父さん?の目が合っていて、ドキッ。
    縦書きの字の配置もなんだか新鮮で、ワクワクとページを繰りました。

    動物の「食う・食われる」という関係を描きながら、
    きつねとねずみの飄々としたやりとりが、なんとも楽しい作品でした。

    ねずみが逃げ込む地下の様子が、断面図のように描かれ、すごいインパクト。
    もぐらやとかげがいたり、
    木の実がいっぱいの「ごちそうのくら」があったり・・・。
    絵を描かれた山田三郎さんが人形劇に携わっていらした方と知り、
    グッと引き付ける観せ方をよくご存じなのだろうなぁと感じました。
    息子はねずみの地中の家に夢中!
    私は、ねずみに逃げられたときの、きつねの情けな〜い表情もお気に入りです。

    文章も、少し古めかしい言葉ながら、リズムが良くて、
    読んでいて心地よかったです。
    これなら何度読んでも苦にならないなぁ。
    ねずみの「おあいにくさま」がクセになりそう。

    短いお話で、幼児さん〜園児さんにもぴったり。
    きっと何度も読みたくなる、味わい深い絵本です。

    掲載日:2012/04/09

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きつねとねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット