雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

きつねとねずみ」 大人が読んだ みんなの声

きつねとねずみ 作:ビターリー・V・ビアンキ
絵:山田 三郎
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1967年03月
ISBN:9784834000962
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,444
みんなの声 総数 37
「きつねとねずみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 名作

    あれ・・・これ・・・なんだっけ・・・
    と、なつかしくなり借りてきました

    裏表紙のたんぽぽ中心に
    輪になって踊っているような
    ねずみ一家の絵がとっても
    好きなんです
    木の実とか、おんぶしている子もいるし

    上下に分けて描き
    それが逆転したり

    地下の様子がまたいいですよね

    ロシアの作者さん
    なんと!1967年初版ですよ\(◎o◎)/!
    それでも古さとかは感じません

    かけひきのおもしろさと
    とにかく、絵に惹き付けられます

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみの知恵に まいったきつね

    ずいぶん前から読んでいた絵本ですがあらためて 読んでみて
    言葉のリズムのすばらしさに感心しました(内田りさこ訳)
    絵も動きがあって凄くおもしろいのです
    きつねが「なんだって すあなを つくったんだい?」
    ねずみは「きつねさん あんたから かくれる ためさ」
    地面の中の ネズミのすあな 地面の中の生き物がうまく描かれていて
    すごい!
    キツネの顔の変化も たのしめるんです
    なんだか すごく 良い気分になれるのです
    ねずみのちえは きつねよりう〜んと勝っていますね!
    Goodな絵本です
    山田三郎さんの絵好きです!

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 点々

    表紙の描き方が素敵だったのでこの絵本を選びました。特に細かい点々で表現しているのが気に入りました。1ページ目のキツネとねずみの構図がとてもユニークで素敵だと思いました。ねずみがとても頭がいいのでとても感心しました。キツネをとても上手く誘導しているのが良いと思いました。楽しく読むことが出来ました。

    掲載日:2010/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクトがあり、こだわりのあるイラスト

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    低年齢向けのお子さんのお話会に読もうかと、一緒にお話しのボランティアをやっている方が考えて見つけてきた作品です。

    この絵本が日本で最初に発表されたのは1959年(?)、ざっと50年前くらいになります。絵柄はいくらか古い感はありますが、明るい色彩が目を惹き、時代に関係なく絵本を楽しませてくれます。

    大したページ数も、文章の量もないのに、インパクトは強烈で、読み返してみると、あれ?こんな数枚しかページがないんだと、びっくりしました。
    登場するきつねやネズミの表情も豊かで見ごたえがあります。
    土の模様や、石ころ、バックの花々にもこだわりを感じました。

    イラストがはっきりとしていてインパクトがあり、起承転結が短くスッキリまとまった物語。
    これは、低年齢のお子さんにはうってつけの絵本!だと思います。

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おあいにくさま

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    きつねより弱い立場のねずみが、みごとにきつねを負かして逃げていきます。
    とても単純なおはなしで、文章も詩のようにリズムがあって楽しいです。

    きつねに何か言われると、ねずみが「おあいにくさま」を繰り返すところが、子どもは安心して読めるところです。
    子どもは繰り返しが大好きですね。

    地下の絵も面白いです。
    枯れ葉や木の実が平和を表しているように見えます。
    ねずみの使っているスコップもかわいいです。
    細部までじっくり見たい絵本です。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きつねとねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット