だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

猫吉一家物語 秋冬」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

猫吉一家物語 秋冬 作・絵:大島 妙子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年9月
ISBN:9784323035420
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,019
みんなの声 総数 14
「猫吉一家物語 秋冬」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しみは1人で?!

     「春夏」、「秋冬」と続けて読んだ後、すぐに、
    「こういう絵本のシリーズがもっとたくさんあったらいいのになあ」と、
    春夏秋冬を問わず、シリーズ化を待望している娘。
    とにかく、おもしろくて、好きで好きでたまらないみたいです! 

     分厚い児童書も1人で読めるようになった今でも、絵本だけは、寝る前にいっしょに読むのを楽しみにしている娘ですが、この2冊だけは別!  なぜか自分の部屋に持っていって、1人で読みます。
    コマ割が新鮮だったのか、少女マンガに夢中になるような感覚で、ちょっと大人になった気分を味わっているみたいです。
     その後ろ姿が、なんだか小さなおねえさんのようで、とってもかわいらしく、娘の成長を感じながら、そっとドアを閉める母でした・・・。

     そして、夜になると、今度は「ママに読んであげるね」と言って、
    「朝です。パンパンパンと手をたたき・・・おてんとさんよ、おはよーさん」と、元気よく声に出して読んでくれました。

     なんだか2度ほっこり(!)のしあわせな1日。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「猫吉一家物語 秋冬」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / だるまさんが / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット