だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

お母さん、ひらけゴマ!」 大人が読んだ みんなの声

お母さん、ひらけゴマ! 作:西本 鶏介
絵:狩野 富貴子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年8月
ISBN:9784591054307
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
「お母さん、ひらけゴマ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • せつなくて せつなくて 涙・・・

    こっち見てる!
    という絵の素敵なこと・・・
    惹きつけられます

    ひらけ ゴマ

    アリババ?の呪文?
    心を開けってこと?

    と、予想しながら読みました

    戦争中の大変な経験は、話でしか聞けず
    読んでいるだけでも苦しくなります
    父がいない
    食糧がない
    農家ではない
    大変ななかでの母親の存在

    戦争中のおはなしは
    想像力を動員をしなくちゃいけないので
    今の子ども達には、どれだけ出来るのか
    疑問です
    私達の年代でさえ
    戦争は、映像や資料の世界です

    その戦争の時の苦しさ、大変さの中での
    母親の存在

    そして、時間の経過があり過ぎますが
    主人公が年を重ね
    大好きだった母親が介護が必要な存在に

    涙が出て止まりませんでした
    母親に対する想い・・・
    息子という立場
    弟夫婦が母親を看ているということもあるようですし

    年を重ねても
    いつまでたっても
    出来ないことが増えても
    親は、親であり続けるんですねぇ・・・

    「戦争体験」「介護」・・・
    大人向けなのでしょうか

    掲載日:2013/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の存在は永遠に不滅

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    主人公の男の子が幼いころの戦争の体験から、自分も孫を持つほどの年を重ねて行きます
    その中でわが母のとの心のつながりを描いたお話です
    すべての人間が「母」から生まれているという事実、「母」の存在はそれ自体が、癒しであり、故郷であり、希望の存在であることは否定できません
    わが母への思いが幼き頃の「ひらけ、ゴマ!」の言葉で母の眠れる潜在意識まで覚まさせることに感動です
    少々難しいとは思いますが、小学生低学年ならぜひ読んでいただきたいお話です

    掲載日:2009/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「お母さん、ひらけゴマ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット