クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ふわふわくんとアルフレッド」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふわふわくんとアルフレッド 作・絵:ドロシー・マリノ
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1977年6月
ISBN:9784001151305
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,529
みんなの声 総数 17
「ふわふわくんとアルフレッド」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あっさりと

    くんちゃんのファンなので買いました。絵はとてもかわいいのです。大好きなクマの人形が新しいトラの人形の登場で、遊んでもらえなくなる。。。さみしい。そういうこと、こどもはよくありますね。それでくまちゃんも、遊んでよーといいます。けれど、遊ばないって木に放り投げちゃう。子供らしいなとおもいます。子供は大嫌いとか深い感情はないけれど、そうやってひどいことしちゃうんですよね。おりてきてよーっていっても、その時はもう戻ってきません。先を読んで行動できないからなんですよね、でもそれがこどもらしさ。泣いたり怒ったりけんかしながら大きくなるんだなとおもいます。仲直りはあっさりしてるけど、こどもらしくていいなとおもいました。親の手をかりずに、自分たちで仲直りしたんですから。大人にはわからない世界がある。いいなーとおもいました。

    掲載日:2013/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実と空想の間を行き来しながら

    おもちゃのくまの「ふわふわくん」は、アルフレッドが赤ちゃんの時からの友達。
    なのに、新しいおもちゃが来てからは、おもちゃばこに入れられたまま…。

    この絵本、最初は「ふわふわくん」がおもちゃとして描かれていますが、
    アルフレッドの振る舞いに怒って(すねて?)からは、
    心を持った存在として、ふわふわくんが動き始めます。

    現実と空想の間を自由に行き来できるコドモが描かれています。
    当時4歳の次男はこの絵本を好きなのですが、当時9歳の長男はいまひとつ。
    現実と空想がごちゃまぜな次男に比べて、長男は、現実は現実、空想は空想、
    と区別するような年頃になったからかも。

    最後の方の、アルフレッドのお父さんとお母さんが長い棒を持って
    やって来た絵には、いつもくすっと笑ってしまいます。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふわふわくんとアルフレッド」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こどものアトリエ』西巻茅子さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット