うみ ざざざ うみ ざざざ うみ ざざざの試し読みができます!
作: ひがし なおこ 絵: きうち たつろう  出版社: くもん出版
ざざーん ざざざざざ ざっぱーん。海とあそぶ、暑い一日。今すぐ海に行きたくなる絵本!

おつきさまこんばんは」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

おつきさまこんばんは 作:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1986年06月
ISBN:9784834006872
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,059
みんなの声 総数 605
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

138件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ファーストブックはこの「おつきさまこんばんは」でした。
    娘は0歳時代、絵本は全く興味を持ちませんでした。
    かんだりなめたりと完全なるおもちゃと化してました。

    それが、1歳過ぎたあたりからこの「おつきさまこんばんは」を読むと

    とっても目をキラキラして
    一緒にこんばんは!とお辞儀をしたり
    ダメダメ雲さん!と首を振ったり
    あーよかった!と笑顔振りまいたりで
    娘がストーリーを理解してる!!と感激の絵本でした。

    それからというものこの絵本が大好きで、朝から片手に持ち歩いては
    「読んでー」とせがんきます。
    ぐずって泣いてても、「おつきさまこんばんは!」とそっと耳打ちすると
    泣き止んで、ダー!と絵本棚へ駆け寄りこの絵本を持ってきます。

    あんなに興味なかったのが嘘のよう、いまでは絵本大好きっこになりました。
    寝る前の絵本タイムは欠かせません。

    すべてこの絵本のおかげです。

    掲載日:2008/11/19

    参考になりました
    感謝
    8
  • お月様の表情になります

    おつきさまがでてくる絵本です。
    もちろん赤ちゃん絵本なのでとっても簡単な内容なんです。
    言葉もほとんどしゃべらない赤ちゃんがこぞって、
    「こんばんわ」の部分で頭をさげるんです。
    おつきさまが笑えば笑うし、
    悲しい顔になると悲しくなる、
    赤ちゃんがお月様になりきっているのかな。

    2歳くらいになると、
    屋根の上の猫達の動きを見て、
    いろんなこと言ってくれてました。
    視野が広がるんですね。

    3歳くらいになるとこの絵本は読まなくなるんだけど、
    でも外のお月様を見ると
    「おつきさま、こんばんは」
    と話しかけていました。
    心の中にこの絵本のストーリーや絵が焼きついているんでしょうね。

    掲載日:2008/09/25

    参考になりました
    感謝
    4
  • 夜寝る前に読んでいます

    毎晩寝る前にパパに読んでもらう絵本です。
    おつきさまこんばんは持ってきて?と言うと持ってきてくれます。そういうことができるようになったのはこの絵本が初めてでした。
    とても素敵な絵で、ストーリーも寝る前にぴったりな優しいお話です。
    これからも毎日読み聞かせていきたいと思います。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    2
  • おつきさまが大好きに

    林明子さんの中でも、ダントツで息子が気に入っている絵本です。
    この本で、毎晩のお月様探しが日課になりました。
    夕方になり、お月様が出てきて、雲がかかって見えなくなり、また姿が見える、というだけのシンプルなお話なのですが、お月様の表情がとても良いです。
    2歳になった今では、空を見上げて、「今日はお月様いないねぇ」「くもさんに隠れちゃってるのかなぁ?」などとおしゃべりしています。

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 兄妹の最高の笑顔!

    • 蓮桜さん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 男の子3歳、女の子2歳

    長男が1歳(今は3歳)の頃初めて購入した本です。
    今では長女2歳のお気にいりです。
    毎晩読み聞かせで兄妹が仲良く並んで、何度も読んでいます。
    林明子さんの絵はとてもやさしく、あたたかく、癒されます。
    短いストーリーですが、起承転結がきちんとあって、子供1〜3歳位の子供にはぴったりです。
    私は読み聞かせのとき裏表紙まできちんとめくるようにしています。
    そこにはおつきさまがあかんベーをした姿があるのですが、なんとも愛らしいのです!
    そしてそのおつきさまを見た子供たちは、最後に最高の笑顔をみせてくれます!

    掲載日:2008/05/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • くもさん だめだめ…

    • キョッチさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子3歳

    息子がまだほとんどおしゃべりが出来なかった頃にこの本に出会いました。
    どこに魅力を感じたのか、毎晩この本を読んで欲しいとせがむので、寝る前に読んであげるのが習慣になりました。
    そして何日も読み続けたせいか、いつのまにか一人で読めるようになりました。
    ひらがなが理解できるワケではないのにタイミングよくページをめくりながら、『くもしゃん だめだめ おちゅきしゃまがないちゃう…』なんて読んでる姿が可愛くて、私もこの本の大ファンになっちゃいました。

    掲載日:2006/04/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • あかちゃんに

    • ★ハチ★さん
    • 30代
    • せんせい
    • 静岡県
    • 男の子1歳

    昔から赤ちゃんに親しまれている、大きなお月さまのお顔が印象に残る絵本です。
    この絵本に最初から最後まで登場するネコたちも、子どもに喜ばれる理由だと思います。
    お月さまの表情が変わったり雲が出て来て隠れたりすると見ている子どもたちもちょっぴりドキっとするようで、お月さまが笑うと安心したように微笑んでくれます。大きい子よりも0歳児や1歳児にオススメです。

    掲載日:2017/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの絵本は、似たリズムの繰り返しや
    動きを追うものなど、ストーリーがないものが多い中
    この本は、お月様が表れて、隠れて、また現れて・・と
    子どもには初めてのストーリーがある絵本でした。
    お月様が表れた場面で、「出たー!」と一緒に喜ぶことができて楽しかったです。
    裏表紙のアカンベお月様も「べー!」と指差して楽しそうで
    地味によかったです。

    掲載日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもはそんなに食いつかず。

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    1歳検診の時にプレゼントされた絵本でした。
    有名な絵本だし、お月さまに興味を持ってくれるかな。と思ったのですが、個人的に絵がそんなに好きではなく、食いつきもいまいちでした。
    この時期、夜に外に出ることもないので、お月様にそれほどなじみがなかったというのもあるかもしれません。

    掲載日:2016/09/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幻想的

    うちの子があかちゃんのとき、図書館で何度も見つけるたびに持ってきては借りていました。もう3歳ですが、そんなに気に入ってるのなら・・・とつい最近、友人が譲ってくれました。夜空にやさしく光るおつきさまの雰囲気が、その表情から伝わってきて、読むたびにやさしいきもちにさせてくれます。裏表紙のおつきさまの顔もユニークで気に入ってます^^

    掲載日:2016/06/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おつきさまこんばんは」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

キャベツがたべたいのです / おいしそうなしろくま / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / あなあきしかけえほん かわいいてんとうむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『ダイズマンとコメリーヌ』 <br>中川ひろたかさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット