ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

たわし」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

たわし 作・絵:井上 洋介
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:2001年10月
ISBN:9784097274377
評価スコア 3.89
評価ランキング 28,848
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 井上さんはたわし好き

    絵本の勉強会で井上洋介さんの本を勉強した時に「さむくなってきたので ぼくたわしかわなくちゃ」、「なんで寒くなったらたわしを買うの?」と疑問が出たのがこの絵本でした。

    確かに一読すると、「なんでたわし?」なのですが、刈谷市美術館で行われていた井上洋介図鑑展へ行った時にこの『たわし』の原画のそばに「井上さんはたわしがお好き」と説明が書かれていて、その単純明快な説明に、「そうだったんだー」と納得できてしまいました。

    と同時にナンセンスを理解するって、理解という言葉自体がすでに固いですが、ナンセンスを感じるセンスって、とても素直な心なのかもしれないなあと。

    最初はすんなり乗せてくれたかえるが、乗客が増えすぎたところでイヤイヤをするところにクスリ。

    最後にほっとした思いがしました。

    そうそうこの絵本も横顔の本なのですが、最近わかったこと、井上さんの絵本ってお出かけするお話が多くて、縦書きなので、顔が左に向いているんですよ。

    どうして横向きが多いのかな?と思って読んでいた末に気づいた結論でした。

    子どもたちはどんな反応を示してくれるのかな?楽しみな一冊です。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たわし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもも大人も読み聞かせで大爆笑!

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット