もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おじいちゃんの口笛」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

おじいちゃんの口笛 作:ウルフ・スタルク
絵:アンナ・ヘグルンド
訳:菱木 晃子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年
ISBN:9784593503247
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,162
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 哀愁のある喜劇でした

    ウルフのおじいちゃん自慢を聞いて、自分もおじいちゃんがほしくなったベッラ。
    ペットじゃないとぞ思わず突っ込みたくなる始まりですが、老人ホームにベッラのおじいちゃんをさがしに行って、本当におじいちゃんを見つけてしまいました。
    ここからおじいちゃんと孫のごっこ遊びが始まるのですが、ユーモアたっぷり哀愁たっぷりの喜劇。
    身寄りのないおじいちゃんにしても、孫の登場はうれしかったのでしょう。
    話を合わせて、誕生日の会にまで盛り上がります。
    そのおじいちゃんから教わった口笛。
    ベッラは口笛の練習に励みますが、練習の成果を聞かせようと思った時にはおじいちゃんは死んでしまいました。
    お葬式で聞かせた口笛。
    とても心に響くメロディーが話から聞こえてきます。
    ウルフ・スタルクのペーソスたっぷりのコメディ。

    「映画にしたら素晴らしい作品になるでしょう。」…と思ったら、劇やドラマになっているようです。
    機会があったら見てみたいと思います。

    親子で感動できる作品です。

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おじいちゃんの口笛」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おやすみなさい おつきさま / 14ひきのあさごはん / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット