ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる?の試し読みができます!
作: すとう あさえ 絵: さとう めぐみ  出版社: くもん出版
森でごちそうが消える事件が発生。さあ、絵本をめくって犯人を探そう! 探しながら楽しむ、春夏秋冬の定点観測さがしえ絵本。

おじいちゃんの口笛」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

おじいちゃんの口笛 作:ウルフ・スタルク
絵:アンナ・ヘグルンド
訳:菱木 晃子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1995年
ISBN:9784593503247
評価スコア 4.73
評価ランキング 983
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ベッラがもらったものもたくさん

     ニルスおじいちゃんにとって、晩年の充実した日々となったベッラとの時間。 
     にわか仕立ての孫と祖父の組み合わせ。
     お互いを求める心が、わずかの間に二人の優しい心を触れ合わせ、素敵な時間を作って行きます。

     こどもは、やはりしなやかな存在です。
     相手に対する先入観を持たずなんの抵抗もなく懐に飛び込んでいける。
     この“素”がニルスおじいちゃんを、この「ごっこ」へと引き込めたのかもしれません。

     サクランボの木の上でのシーンは、その情景が目に浮かび、なんて可愛くて楽しい悪戯だろうと思いました。
     直伝の口笛は、きっとニルスおじいちゃんに届いたと思います。

     この時間は、ベッラがもらったものもたくさんあると思います。
     心を込めて、人のために努力すること。
     人の立場に立って、考えること。
     そして、なによりも、「人の死」と出会ったこと。

     これからの人生で、“時間“を大切にし、そしてさらに優しさや思いやりが、育まれていくと思います。
     読後、表紙絵を見直し、ネクタイの足つきの凧があがっている絵を見て、再びグッと来ました。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おじいちゃんの口笛」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おやすみなさい おつきさま / 14ひきのあさごはん / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもの健やかな成長を願う終わりのない愛の絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット