ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

リサ れっしゃにのる」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

リサ れっしゃにのる 作:アン・グットマン
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳:石津 ちひろ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784893092946
評価スコア 4.12
評価ランキング 17,649
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やっぱりイタズラするのね

    子供はそうだけど、やっぱり長い列車では飽きていたずらしてしまいますね。今回はお姉さんのビー玉を落としてしまい、お客さんたちの間を抜けて探しにいく、、、。

    リサのシリーズはどれも、子供が生き生きしていてフランスらしいのですが、こうしちゃだめよと自分の子供には毎回言わないといけないので大変かもしれません。でも作品としてはエスプリを感じます。娘はシリーズごと気に入っています。おすすめ。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • たのしいマネっこ

    娘はこの絵本を読んでから、空港で大きなカートを見ると「リサとビクトリアが乗ってたね」と言うようになりました。それと、「新幹線もまだ乗ったことない」って。
    私はリサの荷物を見て、まるで私が出かける時みたいって思っちゃいました。娘の分といっしょの荷物ってついつい多くなりがちなんですよね。
    やっぱりこのお話でもビクトリアがおもしろかったです。私の方がマネをして、娘が部屋の中でおもちゃをどこかにやってしまった時「1かげつおそうじしてもらうからね」と言って一緒に探したりもしました。
    娘は「とってにてがとどかない」とリサのドキドキをマネしていました。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「リサ れっしゃにのる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.12)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット