ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ふしぎなおるすばん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ふしぎなおるすばん 作:斉藤 栄美
絵:岡本 順
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年12月
ISBN:9784591037584
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,351
みんなの声 総数 22
「ふしぎなおるすばん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 繰り返しのストーリーが楽しい

    ひとりでのお留守番をまかされたひでくん。
    ちょっと大人になって誇らしいような、でも心細いような。
    最初のページでは、ひでくん、そんな雰囲気をただよわせています。
    そしてひでくん、一人遊びをしようとしりとりを始めるのですが・・・。

    りんごが登場するところまでは、まぁ、そんなこともあるかな?と思って読んでいたのですが、その次からは、びっくり!!な展開です。
    次々に登場する動物達。
    リアルなんだけれど、表情豊かで楽しい雰囲気です。

    繰り返しのストーリー、子ども達は大好きですよね。
    この本もそのツボをよく心得ていて、次々に繰り返されるしりとりがどんどん雰囲気を盛り上げていきます。
    ラストは・・・うまくまとめられています。そうきたか!!

    我が家では、6歳の息子、まだせいぜい10分程度の留守番しか経験がありません。
    本人も、留守番する!とはいうものの、いざとなるとやっぱり心細いようでやっぱりやめる・・・、なんて。
    でもこんな楽しい留守番ができるのならば、甘えん坊の息子でも1時間くらいは楽しく過ごせちゃうかも!?

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 上手い結末!

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    小学生になり少しずつお留守番の時間を持つようになった息子に借りてきました。
    ちょうどお留守番をお願いする時だったので「この絵本を読んで待ってる〜!^^」と言ってくれた息子でしたが・・・

    いざお母さんがいなくなると、家の中が広くなり、そして静か。
    この絵本に出てくるひでくんは一人でしりとりを始めます。
    すると不思議!
    言った言葉の物が現れます。

    不思議なお留守番ですね〜!
    この絵本のおもしろいところはやはり「しりとり」。
    最初はしりとりで言った言葉の物が出てくるだけかと思っていたんですけど、このしりとりがうま〜〜い具合にお留守番の終わりに誘導してくれるんです。
    しかも、ちゃんと「ん」で終わるんですよね^^

    一人のお留守番にピッタリの結末。
    これは上手い!

    さて、この絵本を読みながらお留守番をしていた息子は・・・・
    一人でいるのが怖くなったそうです(笑)
    そうだね。
    実際にゴリラなんかいたら怖いよね^^;

    掲載日:2009/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ふしぎなおるすばん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / だるまさんが / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット