モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

海は広いね、おじいちゃん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

海は広いね、おじいちゃん 作・絵:五味 太郎
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1979年03月
ISBN:9784871100311
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,840
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海の広さがきもちのよい本

    男の子とおじいちゃんが海でなにやらお話しています。
    「広いねぇ、おじいちゃん」
    「海だもの、そりゃ広いさ」と
    終始とぼけた会話が、ほのぼのとしてよいです。

    そして、海のにおいがしてきそうな、広々とした景色。
    遊び心いっぱいで、最後には不思議な余韻が残ります。

    短いお話なので、小さい子に読み聞かせするには、
    飽きずに聞けて、ちょうど良いのでは?

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読みたい!

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    タコか?イカか?の区別すら出来ない2歳9ヶ月なのに、不思議とページが進む。
    海を懐かしむには早いが海のない県に住んでいた。
    大きくなった時、また読んであげたい。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さん

    五味太郎さんの作品だったのでこの絵本を選びました。娘は何度も登場する”おじいちゃん”という言葉にとてもよく反応してくれました。主人公の御爺ちゃんの冷静な態度と現実とのギャップがとても楽しい絵本でした。主人公の柔らかい物腰が素敵だなと思いました。御爺ちゃんの自分のモットーを貫く姿も凛凛しくてかっこ良かったです。ユーモアのセンスも抜群の御爺ちゃんを持つ主人公は幸せ者だと思いました。

    掲載日:2009/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 宇宙船だね、おじいちゃん!

    元気いっぱいの男の子とおじいちゃんとの会話がとてもいいです。

    おじいちゃん、やっぱり幾つになっても男なんだとニヤリと思いました

    宇宙人に貰ったクッキーが、とても気になりました。

    お☆さま型クッキーが、美味しそうには思いませんがお空色で、読んで

    いても不思議に思いました。

    お空色だから、そう感じたのかも知れません・・・・

    おじいちゃん、折角のチャンスだったのに残念ですが、おじいちゃんの

    念願の宇宙に(?)・・・・

    お星様いっぱい、やっぱり後には、宇宙船もみえるよ・・・・・

    男のロマン、男同士、孫との絆、う〜〜ん・・・いいなあ・・・

    大人も勿論楽しめる絵本でした!

    掲載日:2009/05/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「海は広いね、おじいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / だるまさんが / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット