雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

たっくんひろちゃんのちょうちょうとっきゅう」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

たっくんひろちゃんのちょうちょうとっきゅう 作・絵:かこ さとし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年03月
ISBN:9784032210507
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,193
みんなの声 総数 27
「たっくんひろちゃんのちょうちょうとっきゅう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 危機一髪で飛行機に大変身!

    電車好きの息子が2〜3歳のころ、繰り返し読んだ本です。
    まず、気になるのが、「ちょうちょうとっきゅう」というタイトル。
    新幹線は開業当時、夢の超特急と呼ばれてたんだそうです。
    今では全く聞かない言葉。
    「超特急」という言葉自体が、やけにレトロ感を醸し出しています。

    たっくんが電車遊びをしていると、台所から台所列車“ことことごう”が、そしてお風呂場からお風呂場列車“じゃぶじゃぶごう”がやってきます。
    たっくんは2つを連結させて、弟のひろちゃんとぬいぐるみと一緒に、「ことことじゃぶじゃぶごう」に乗って出発します。
    おなかがすいてごはんを食べたり、トンネルに入って真っ黒になったり、
    最後にはレールがなくなって大騒ぎ。
    でも、「ことことじゃぶじゃぶ」号は飛行機になって飛び立ちます。

    電車のなかで次々と起こる出来事に、
    子どもは終始「次はどうなるの?」と目が離せません。
    優しい文章と挿絵、ちょっとした冒険も楽しめて、
    2歳児を飽きさせない工夫がいっぱいの本です。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル

    シンプルでいい。

    乗り物がすき。

    動物が好き。

    ・・そういう子なら

    みんなはまる絵本だと思います。

    絵も優しいし、図書館でも人気ですよ。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「たっくんひろちゃんのちょうちょうとっきゅう」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

からすのパンやさん / どうぞのいす / はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



主人公「ドーム」が自分のことばで語り伝える物語絵本

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット