庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

エルマーのぼうけん」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

エルマーのぼうけん 作:ルース・スタイルス・ガネット
絵:ルース・クリスマン・ガネット
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1963年07月
ISBN:9784834000139
評価スコア 4.84
評価ランキング 103
みんなの声 総数 144
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 友達のよう

    6歳の誕生日にプレゼントし、夜寝る前に、1章だけ読み聞かせてあげました。そして本棚に並べ、あとは知らんぷりと決めました。

    寝る前の読書が親子の習慣です。
    この頃息子のお気に入りはもっぱら「図鑑」の類。物語には興味を示さないかな、とも思っていたのですが、何日か後に、黙々と「エルマーのぼうけん」を読んでいる息子の姿が。

    そして数日後、「おもしろかったー!」と満足しきった笑顔で読み終えていました。

    「ママ、エルマーがね」
    と、まるで「今日保育所で誰々くんがね」と教えてくれるのと同じような調子で、本の主人公がしたこと、言ったことを教えてくれます。

    今の息子にとって、自分に近く、友達のような存在に感じられたのでしょう。
    6歳の男の子って、自分だってすぐにもすごい冒険に出発できると信じているようなところがありますね。

    一度読み終えた後も、時々本棚から取りだしては、気に入ったところを読み返しているようです。

    絵本から、文章が主体の本への移行期に出会う本は、子供にとって大きな意味をもつような気がします。
    本っておもしろい、と心から思えるような経験を積んでほしい。そんな思いにこたえてくれる、すばらしい作品です。

    掲載日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    3
  • 年長さんに

    わたしがこどもの頃から読まれている名作です。
    年長のクラスを受け持った時に、何日かに分けて少しずつ読み聞かせていきました。
    今までの絵本とは違い、絵は挿絵程度で字がいっぱい!
    まるで小学生みたい!とこども達は喜んでいました。
    物語もドキドキワクワク!イメージを膨らましながら楽しく読むことができました。

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの頃からの愛読書

    自分が子どものころ大好きで繰り返し読んだ本です。息子も好きになってくれたらいいなと思い、読み始めました。絵本ではない児童書を読むのは初めてでしたが、読み始めたとたん聞き入っていました。
    エルマーの9歳でひとり、りゅうを助けに船に忍び込むところなど「本当なの?」と驚き、目を丸くしていました。
    読み終わるまで楽しくてたまらないという表情が印象的で、それから毎晩読みました。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が読む前にまず

    私が子供の頃に大好きだったエルマーシリーズ。
    子供にも読んでみてほしいと思い購入しました。
    届いて早速我慢できずに私が一気に読んでしまいました。読んでいたのもう10年以上前ですが読み始めると、そうそう!リュックの中にはこれが入ってた!と、ひとつひとつのシーンが懐かしく思い出されてきました。
    そしてやっぱり何度も読み返したい作品。

    子供にはまずは1度読んであげて後は自分でゆっくり読み返してもらおうと思います。

    購入して正解でした!

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくドキドキ

    今1年生の長女が年長の時に買った本です。幼稚園で先生に読んでもらってからも、1人でもくもくと読んでいました。「とっても面白い」と言いながらも、私はまだ読んでいないので「そうなの?」としか言えず。やっと1人で読んだのですが、もうワクワクドキドキ。ドキドキがほとんどかもしれません(笑)この先どうなる??と気になって気になって。夢中になって読みました、これは面白い。「エルマーとりゅう」もこちらの絵本ナビさんで購入させていただいたので、読むのがとっても楽しみです。ちなみに長女はもうすでに読み終わっていますが(笑)

    掲載日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと展開が多く難しい

    男の子エルマーが、拾った猫の話にのせられ、冒険の旅に出かけます。ガムやら、歯ブラシやら、いろんなものを持っているのですが、危険な動物たちにひどいめに合わされそうになるたびに、そのグッズを使ってなんとかごまかし、乗り切ります。

    とんちを使うのはいいけど、やや悪知恵のような印象もあり、ちょっと評価が難しい。

    あと、6歳に読みましたが、長い!自分で読むには大変で、大人の読み聞かせには長いので、ちょっと難しいですね。。。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一言で言えば、本当にすばらしい本です。息子のクリスマスプレゼントに選んだ本ですが、今までの絵本と違い、絵が少なく文字が多いので、「もう少し大きくなってからかな?」と自分で言っていましたが、読み聞かせをしてあげると、もう夢中!1章ずつと思っていたのが、「次が気になる!早く知りたい!」と言うので、結構すぐに読み終わってしまいました。
    思った以上に子供の想像力を掻き立てるらしく、本当に夢中で聞き入っていました。ところどころの挿絵も素敵ですが、内容が息子くらいの歳の子にはたまらなく魅力的だったようです。
    絵本から児童書に移行する時期にぴったりの本で、いいタイミングで読んであげられたな、と思ってます。

    掲載日:2014/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • エルマーあったまいい!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    なんだかとっても有名?な本みたいなので、
    図書館から借りてきて、6歳の息子と読みました。

    最初はちょっと地味な感じだなぁ〜と思い、
    ポツリポツリよ読み初めましたが、

    島に上陸してからいろんな動物と出会いだして、
    エルマーの機転と、見事に騙されて奇行に走る動物たちから
    目が離せなくなりました。

    ガムをかみ続けるトラや、
    歯磨き粉のついたはぶらしでツノを一心不乱に磨き続けるサイ、
    たてがみを三つ編みにしてカラフルなリボンをつけるライオン。
    挿絵もまた面白いです。

    みかん島とどうぶつ島の地図がついてるのもGOOD!
    やっぱりビジュアル的に訴えられないと、
    活字だけでは6歳の心は掴めないようです。

    それにしてもエルマー、なんて頭がいいんだろう。
    最後ワニを橋にして渡っていくなんて、
    因幡の白兎もびっくりです。
    最後は無事にりゅうを助け出せてよかった!

    掲載日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子共々楽しく読みました

    • 海猿さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳

    絵本が大好きな息子に初めて、絵がほとんど無いエルマーを読んであげて初めは「絵がない!難しそう!」と言ってた息子が地図を見ながら、自分もエルマーと冒険してるような顔で夢中になりました。

    ピンチになると「どうなる!お母さんどうなると思う!」と興奮して寝る前に読むんですが気になってブツブツ言って眠りについてました。

    難しい言葉は説明しながら読んで、思ってた以上に年長の息子は理解していて本人も嬉しかった様子で、ほかのシリーズも読む気満々です。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは外せません

    最も有名な児童冒険小説のシリーズ1冊目です。毎晩、2章ずつ読んであげましたが、とっても先を楽しみに聞いています。「えー、短い!もっと呼んで」「また明日ね」が寝る前の会話になりました。お話を聞きながら地図を確認するのも楽しいようです。出てくる動物たちのキャラが面白く、エルマーが危機を乗りこえるそのアイデアも素晴らしく、子どもも大人も楽しめるお話です。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「エルマーのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / 100かいだてのいえ / パンダ銭湯 / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット