もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

エルマーのぼうけん」 大人が読んだ みんなの声

エルマーのぼうけん 作:ルース・スタイルス・ガネット
絵:ルース・クリスマン・ガネット
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1963年07月
ISBN:9784834000139
評価スコア 4.84
評価ランキング 96
みんなの声 総数 146
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かつて子どもだった大人たちも読み直して

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子18歳

    ずっと昔に読んだきりで、お話しの全体的な印象しか覚えていませんでした。
    大人になって改めて読んで、「わ、こんなだったっけ?」と思う動物たちの会話やお話の展開が懐かしいと思う半面、新たなドキドキもあったりして、読み直してよかったなぁと、思いました。
    エルマーが黒猫に言われて用意したものが、ジャングルの動物たちにとこどことく必要で、エルマーはそれをとても良いタイミングで実行していくので、読み手の子どもたちなら、エルマーと一緒に楽しく冒険が出来るはずです。

    子どもの頃も思ったのですが、やはり私は、自由奔放なワニたちが、背中に他の動物たちを乗せたまま好き勝手動いてしまって、結局エルマーとりゅうのいる反対岸へ行けない。というシーンが大好きです。

    掲載日:2018/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりおもしろい

    小さい頃以来、久しぶりに読んでみました。細かいストーリーは忘れていたのですが、やっぱりおもしろかったです。
    大人になって読むと、ピンチに動じないエルマーの落ち着きと賢さに目がいきます。
    幼年童話とは思えないスリルがあって、最後まで飽きません。
    時がたっても、かわらずおもしろい。長年読み継がれるはずだなあ、と思いました。 

    掲載日:2016/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • りゅう、猛獣、地図。これぞ冒険物語

    【あらすじ】
    僕の父さんのエルマーがまだ小さかった頃のお話です。年取ったのらねこから、どうぶつ島に捕らえられているりゅうの子どもの話を聞いたエルマーは、助けに出かけることにします。しかしどうぶつ島は、おそろしい猛獣が住むジャングル。果たしてエルマーは無事りゅうの子どもを助け出せるのでしょうか?

    【感想】
    鮮やかな青と黄色のしま模様のりゅう、たてがみを色とりどりのリボンで三つ編みにしたライオン、エルマーの冒険が描きこまれた地図。本の世界の面白さを知ってしまった子どもにとってみれば、本文の1行目を読む前から、面白さが約束された童話だと思います。少なくとも私にとってはそういう本でした。

    でも、図鑑が好きで、デフォルメされた絵や、リアリティのない生き物に興味を持たない5歳の息子は、まだ手に取ろうとはしません。「ママが好きな本」と言います。でも諦めずに、目に触れる場所に時々出していくつもりです。

    4/100

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさにぼうけん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    りゅうを助けに行くエルマーのお話。
    まさにぼうけん!といった感じで次々と動物に遭遇しハラハラドキドキします。
    機転を利かすエルマーがいいですね。
    有名なお話ですが初めて読みました。
    王道で幅広く愛されるのに納得がいきました。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!!!

    結構長いお話なので、当時小学生だった自分はあまり理解できていませんでした。
    エルマーがりゅうを助け出しに冒険をするお話です。
    冒険が凄く楽しいし、ハラハラドキドキします。
    りゅうを無事に助け出せたので、良かったです。
    挿絵がとても良くて、表紙がとても印象に残っています。
    他にも色々シリーズが出ているので、お勧めできます。
    学校の教科書にも出ているのではないでしょうか?

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険の旅

    エルマーが動物島に捉えられている竜の子どもを助けに出掛けるお話です。

    この絵本を読んでいると、子どもの時に抱いていたワクワク感とドキドキ感が甦ってきました。
    冒険心をくすぐられる絵本で、とても気に入りました。

    大人が読んでも面白い絵本なので、子ども達にはピッタリの一冊だと思います☆

    掲載日:2008/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「エルマーのぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ちいさなあなたへ / 100かいだてのいえ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本


「がまくんとかえるくん」シリーズ 三木卓さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット