だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

はなび」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

はなび 作・絵:秋山 とも子
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年06月
ISBN:9784774605777
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,209
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 花火師さんのお話

    このお話は、夏祭りなどでよく見る夜空に上がる大きな花火を作っている花火師さん達のお話でした。うちの子はあの大きな花火が小さなたくさんの火薬玉から作られているのにとってもビックリしていました。と同時に、この花火を作る仕事がとっても大変な事だという事も学んでいました。今年の夏はいつもと違った花火の見方ができそうです。

    掲載日:2015/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • はなびの裏側

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    夏といえば花火です。
    花火は見たことはあっても
    花火を作っている様子やその打ち上げの様子を
    見たことはありませんでした。
    空にあがっていない花火を知るいいきっかけになります。
    たくさんの職人さんの努力によって
    お空に素敵な花を咲かすことができているということを知ります。
    なんにでもいえることです。
    表面的なことだけでなく
    その裏側をどんな方々が支えていくれているのかを
    想像し考えることって
    大切なだけでなくとても楽しい作業だと思います。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 舞台裏!

    花火って美しいけど、危険も伴うもの。だから何となく、男性の職人さんがつくっているイメージでした。
    でも、このお話をみると、花火を作っているのは女性も多くて、和気あいあい、普通の町工場のようでした。

    おまつりで「自分の花火」をあげられたり、打ち上げ前にメッセージを読み上げてもらったり、作り手ならではの楽しみ方が伝わってきました。
    普段見ることができない、打ち上げ現場がみられるのもいいです。
    もちろん、打ち上げられた美しい花火もみることができます。

    夜空を彩る美しい打ち上げ花火。
    こんな風に作られてるんだなぁ、作る側にもドラマがあるんだなぁ、と感じました。
    今後、花火をみるときには、作り手の思いも感じることができそうな気がします。

    掲載日:2013/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はなび」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.51)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット