おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

しゅくだい」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

しゅくだい 作・絵:いもと ようこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784265034857
評価スコア 4.85
評価ランキング 76
みんなの声 総数 212
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • だっこしたくなります

    知人からいただきました。

    1歳ではまだ内容がわからないかな?と思いきや、
    だっこが大好きな息子は「だっこ」
    という言葉に反応。

    特におとうさんがぎゅーっと抱っこをして
    「いたいよーやめてよー」ともぐくんが
    嬉しそうに言っているシーンが好きで、
    同じようにぎゅーっと息子を抱っこすると
    にこにこして何度もやってほしいように
    「もういっかい!」と言います。

    息子も、理由がなく泣いていてもいやいやしていても、
    だっこしたらおさまることが良くあります。
    ぬくもりで伝えられる大事な事があるということ。
    まだ先の事ですが、息子が小学生になっても、
    たくさん抱っこしたいと私に感じさせてくれた本です。

    それにしても、しゅくだいが「だっこ」という
    発想が素晴らしいですね。
    実際の話ということで、
    こんな宿題をだしてくれる先生が担任になったら素敵ですね。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても素敵な宿題!

    「ぎゅっ」て抱きしめられて育った子供は、心の安定が保たれてとても素直に育つと信じています。「ぎゅっ」とされて愛情いっぱいに育った子は、困難にも負けないで乗り越えていけると信じています。「ぎゅっ」は、とても大切だから恥ずかしくなった年齢で「宿題」は、とってもよかったです。子供たちの嬉しそうな顔が証明しています。「ぎゅっ」ってされると愛されてる実感がするんだと思います。いもとようこさんの可愛い絵にもとても癒されます。

    掲載日:2009/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しゅくだい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット