大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぼくとおかあさん」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぼくとおかあさん 作・絵:宮本 忠夫
出版社:くもん出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年
ISBN:9784774300412
評価スコア 4.8
評価ランキング 294
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 私の勝利でした!

    魚捕りやハチミツ採りをする母ぐまと、手伝うこぐまのかわいい会話

    です。こぐまがつまみ食いをいようが、おおらかゆったりに「まー!い

    けないこ」っていましめるお母さんぐま。

     自分もちょっとつまみ食いなんかしちゃって、完璧賢母じゃないから

    こどもものびのびしているのかしら。



     この絵本は現在10歳の息子のお気に入りの一つでした。
     
    4歳から7歳くらいまで読みました。
     
     
     あらためて、どうして好きだったか聞いてみました。
     
     答1  くまのお母さんと、うちのお母さんの体型がとおても似ているから。    

     答2  これを読んでくれるときのお母さんの話し方は、とてもやさしかったから。
     
     答3  こぐまが、「ああいえば、こういう」、という風にお母さんぐまと会話しているのがおもしろい。

     答4  お母さんぐまが、おなかの赤ちゃんぐまに話しかけているところが、すきだから。  

     答5  最後のページが大好きだから。


     『ぼくとおとうさん』(もちろん主人が読みました)も家にありま 

    すが、お父さんっ子のはずが、この本だけは、私の勝利でした。

    最近『ぼくとおじいちゃん』も出たそうですね。

     
     やっぱり、手元に残しておきたい一冊です。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼくとおかあさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はらぺこあおむし / おおきなかぶ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット