モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

かいじゅうたちのいるところ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

かいじゅうたちのいるところ 作:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1975年
ISBN:9784572002150
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,167
みんなの声 総数 280
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 男の子の夢なのかな?

    息子が1歳の頃から2歳10ヶ月の今まで、何度と無く本棚から取り出されています。特に、映画の公開が決まって、予告を見せてしまったここ2週間は毎日!

    言葉少なく、描写がとても良くて、登場人物の表情がとても生き生きしています。1歳の頃は、とにかくかいじゅう踊りが大好きで、このページになると、『うほうほ』と言いながら手足をばたばた。2歳の今は、想像力をかきたてられるかいじゅうに、『これは鳥かいじゅうだ!』とか、『この人は女の人なんだね〜』とか、かいじゅう達のキャラクターを作り上げているようです。

    親としては、やはりストーリーに惹かれます。家を飛び出してしまう事があっても、いつでもあなたの居場所をここに用意してますよ、暖かいスープを用意して・・ そんなおかあさんのセリフが聞こえてきそうです。

    しかしながら、2歳10ヶ月の息子のこの絵本の理解度はと言うと、『お母さんはかいじゅうになってしまったんだね〜』と。
    日ごろの私の接し方がこの見解を生んでしまったのかな(苦笑)??

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • マックスは憧れの友達。

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    保育園の絵本貸し出しや、図書館などで、たびたび借りてきていた絵本です。
    息子のお気に入りなので、いつか購入したいと思っていて、
    古本市で発見したのをきっかけに我が家の本棚にやってきました。

    マックスはやんちゃでいたずらっ子で暴れん坊。
    まさに男の子っぽい男の子といった感じです。
    そんなマックスを、夕ご飯抜きで部屋に閉じ込めちゃうお母さんも、
    肝っ玉母さんというか、男の子のママだなぁという印象。

    閉じ込められた寝室の中で、マックスは空想の世界へ旅立ちます。
    かいじゅうたちの王様になるところが、マックスの支配欲を表していますね。
    聞き手の子どもも、「誰かより偉くなりたい」という気持ちはみんな持っているから、ワクワクするのでしょう。
    でも、それだけじゃちょっと寂しい・・・
    甘えられる、優しい誰かさんの存在も、子どもにとっては大事。
    そうやって、威張ってみたり、甘えてみたり、両方の間を行ったり来たりしながら、子どもは自立していくのですね。
    一見マックスを突き放したように見えても、ちゃんと夕ご飯を用意して待っている、マックスのお母さんがステキです。
    だからこそ、マックスは安心していたずらをしたり空想したりできるのでしょうね。

    うちの息子はとても怖がりで慎重派。
    でも、お友達や他人の前では、いっちょ前にプライドもあるみたいで、
    強がってみたりもする、微妙なお年頃です。
    マックスのように、いたずらして大暴れするようなタイプではありません。
    でも・・・彼はこの絵本大好きです。
    マックスに自分を重ね合わせてるのが、伝わってきますもの。
    マックスは、息子にとって、自分にはちょっと真似できない、憧れの友達のような存在なのかもしれません。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 最初大泣きされました。

    ずっと私が気になっていた絵本で、
    もうすぐ3歳になる娘にと思って図書館で借りてきたのですが・・・

    怒られて泣いた後に読んだのがいけなかったのか、
    読んでる間は神妙な顔して黙って聞いていましたが、
    読み終わったとたん「マックのママは〜?」と大泣き。
    どうも、最後にママが出てきてくれるのを期待していたようで、
    「まだ温かいご飯」という、間接的な愛情が理解できなかったみたいです。

    まだ早かったかな?と思って、
    もう読んであげるのはやめようと思っていたのですが、
    なぜか毎晩寝る前に「これ読んで。」と持ってくる娘。
    読んであげると「ママにごめんなさいしないの?」とか
    「マック、もうおうちに帰った方がいんじゃないの?」とか、
    マックに対していろいろな心配をしています。(苦笑)
    きっと、子供心にいろいろ引っかかるんでしょうね。
    さすが、ベストセラー絵本だなと思いました。

    掲載日:2008/07/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • ファンタジー大好き

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    はじめ映画で観て、絵本が原作だと知って興味を持ちました。おもしろいです。ファンタジー好きにはたまりません。
    一人の元気すぎる少年が冒険に出て、かいじゅうたちの国にたどりつき、楽しみますが・・・最後にはお家が恋しくなって帰るお話。子どもが1歳くらいから読み聞かせていますが、はじめは薄い反応でしたが、年齢が上がるごとにおもしろさがわかってきたようです。最近は、「このかいじゅう、女の子かな男の子かな」と言いながら見ています。性別なんて考えたこともなかった! 
    結局夢だったっていうオチのようですが、違います。はじめの方の月と終わりの方の月の欠け方がポイントです。こういう不思議な世界、大好きです。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいだれかさんでありたいと思う

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    ベストセラーでよく見るし、映画にもなったしで
    2歳の息子にと図書館で借りました。

    おばけが怖いこの頃、けっこうな迫力ある怪獣に
    大丈夫かな?と思ったけど、平気でした。

    わんぱくだけど、まだまだちいさい男の子の
    ある時間を切り取ったようなお話ですね。
    息子の頭の中の世界もこんな感じなのかなぁ。

    ちょっとわがままな小さい王さま、思い通りの時間を過ごしていても
    やっぱり、いつもの『やさしいだれかさん』に会いたくなってしまう。
    さっき怒られたばかりなのに。

    きゃうも息子を叱りつつ、、、
    それでも、息子にとっての優しい誰かさんでありたいと思える本でした。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きらしい

    私は知らなかったのですが、図書館の司書さんのおすすめの一冊だったので読んでみました。
    「行きて帰りし物語」というのが、良いそうで。
    映画版も見ていない私ですが…

    2歳の息子、わかるかなーと心配でしたが
    何度か読むうちに「かいじゅうかいじゅう」と持ってくるようになりました。
    文字のないかいじゅうおどりのページなど、こちらの読み聞かせ力が試されます。
    ファンタジーの世界を生きている子供のうちに読んであげられてよかったと思います。
    これから成長に合わせてまた反応が変わっていくのかなと思うと楽しみです。

    掲載日:2014/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し凄みもある絵本

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子0歳

    海外らしい雰囲気というか、なんというか、一種凄みも感じる絵本です。
    登場人物のかいじゅう達のゴツさ、表情の不思議な感じも、なかなか日本では見かけにくい雰囲気でいいと思います。
    子供にはどうなのだろう?と思ったら、以外にも、大変強い興味を持って最後まで見ており、繰り返し読み直していました。

    掲載日:2013/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • これはいい絵本ですね

    絵の感じが良くも悪くも海外っぽくて、どうも興味を惹かれなかったのですが、口コミで良かったので図書館で借りてみました。
    試しに息子に見せたところ、静かになって世界にすんなり溶け込んでいる様子。
    お?これは?と思いつつ、読み進んでいくと本当にたくさんの怪獣達がでてきて、言葉もなく踊るページはどことなく神秘的。
    息子も凝視しておりました。
    なんとなく『ナルニア』の世界を思い出させるこの作品、抒情的でファンタジーに満ち満ちていてとてもいい絵本だと思います。
    購入しようかな。

    掲載日:2013/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 英国でも大人気!

    2人がボロボロになるくらい、読み込んでいます。ロンドン在住ですが、こちらでも大変人気の絵本。「かいじゅう」が怖いとは分かりつつも、この絵、内容に、4歳になったばかりの長女も、2歳の次女もとりこになっています。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわいのよむ〜!!

    この本、見たことはありましたがなんとなく恐くて、手にしたことはありませんでしたが・・・私が「幸せの絵本」を見ていたら、ちょうどこの本の紹介ページを息子が見て「こわいのよむ〜!!」とせがまれ、購入しました。息子は自分で読むと言っただけあって(もちろん私の読み聞かせですが)はまって大好きな本です。私は、かいじゅうおどりが頭から離れませんが・・・お勧めの本です。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かいじゅうたちのいるところ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / げんきなマドレーヌ / 100まんびきのねこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット