ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

かいじゅうたちのいるところ」 大人が読んだ みんなの声

かいじゅうたちのいるところ 作:モーリス・センダック
訳:じんぐう てるお
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1975年
ISBN:9784572002150
評価スコア 4.51
評価ランキング 5,166
みんなの声 総数 280
「かいじゅうたちのいるところ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 表紙の絵は、ちょっと怖いよね。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ある晩、マックスは、おおかみのぬいぐるみを着ると、いたずらを始めて、大あばれ…
    おかあさんに怒られ、『このかいじゅう!』
    と言われ、マックスは、夕ごはん抜きで、寝室に放り込まれた。
    すると、寝室に、にょきりにょきりと木が生え出して…
    たちまち、森の野原に…

    なんてまあ、楽しい世界が現れたのでしょう。
    でも、出てくる怪獣たち、ちょっぴり怖い。でも、マックスは、その怪獣使いになって、王さまになってしまうから、すごい!
    スケールの大きい世界に、夢はどこまでも広がっていくような気がしました。子どもたちが大好きな世界を、思う存分広げてくれます。

    さて、このお話が、映画化されることをきき、もう一度改めて読んでみました。さらに、特集が載せられている雑誌も購入して、読みました。やはり、奥の深い作品です。どんな形で、映像として表現されているのか、楽しみです。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • う〜む・・・。

    • 15さん
    • 20代
    • その他の方
    • 京都府

    とても高い評価を得ていたので、期待して読んだのですが、この絵本のよさがよくわかりませんでした。私の読み込みが足りないのかもしれないのですが、子供に読み聞かせたいと思うような内容ではありませんでした。(子供が自分でこの本に出会ったときには、読むことを止めたりはしませんけれど。)
    お母さんと子供は、もっとあったかい関係でいて欲しかったです。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • オーソドックスで有名な作品ですが…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    絵本の中でも最も有名なものの一つで、あまり本を読まない方でも、タイトルくらいは知っている(聞いたことがある)といえる作品です。
    オーソドックスの極みでもある本書ですが、だからこそ、まだ一度も手にしていないお子さんには特に読んであげたい・届けたい1冊でもあります。
    主人公マックスとともに『かいじゅうたちのいるところ(島)』へ行き、子どもならではの発想で、遊んだり冒険したりする。
    (改めて読み直すと、
    長谷川摂子さん×降矢ななさんの『めっきらもっきら どおんどん』が似ているところも多いですね)

    原作の出来栄えもさることながら、日本でこれだけ愛されている絵本の一つであるのには、
    『三匹のやぎのがらがらんどん』とおなじく、
    日本語版としての作りもサイコーだということではないでしょうか?
    つまり、神宮さんの翻訳は、原作の良さを損なわずに、日本の子どもたちの心に届く言葉や形になっているのだと、わたしは思います。

    まだ読んだことのない方は、ぜひこの機会にいお子さんに読んであげてはいかがでしょうか?
    もう読んだ(知ってる)という方!もう一度読み直してみては?
    新たな発見や、新しい気持ちで昔とは違う冒険に出られるかもしれませんよ?

    掲載日:2016/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出す

    子どもの感覚を思い出せるような感じがして、時折読みたくなります。
    センダックの描くかいじゅうは、少し不気味さもあるのですが、そこも含めて、子どもの時に遊んだ想像の世界に近い気がします。
    大人の目線で子どもに向けて描いたのではなく、子どもの目線で、大人のすばらしい技術をもってしてこそ描けたと思える絵本。
    私にとっては、他にかわることのできない絵本の一冊です。

    掲載日:2015/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界へ

    表紙のイメージが、ちょっと怖いので
    今までなんとなく読まずにいたのですが、
    書店で手に取って開いてみました。

    内容が想像していたよりもシンプルで、かつ、怖くはありませんでした。

    怪獣たちが登場する場面では、ちょっとギョッとしましたが
    性格はとても愛嬌があり、かわいらしいです。

    名作には、名作と呼ばれる理由があるんだなと思いました。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 王様ごっこ

    カケアミというのでしょうか?
    インパクトのある美しい絵が魅力的。
    かいじゅうたちの表情や仕草も、とっても可愛い。

    王様になってかいじゅうおどりをするところは、子どもの夢ですよね!思いっきり叫んで騒いで!誰にも怒られなくて楽しくて自由!
    でも夢中になって遊んで、おやすみの時間になると、ふっと寂しくなって…。

    王様って楽しいけれど、寂しいものなのかなと思いました。

    この絵本に込められたメッセージ。
    かいじゅうたちの中にひとりだけ、仲間外れがいます。

    センダック自身が語ったのか、誰かの考察なのかわからないけど、そこにまつわる深い話を聞きました。
    センダックがあえてそうしたのには、こんな理由があったのかもしれない。

    それを聞いて、私はこの絵本がもっと好きになりました。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特の世界観

    ママに怒られて寝室に閉じ込められた、少年のマックス。
    しかし、その寝室が野原や海に変わり、マックスは航海を始めます。
    たどり着いたのは、「かいじゅうたちのいるところ」でした。

    なかなか、独特の世界観がありますね。

    文章は、それほど多くなく、絵で楽しむ絵本ですね。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • マックス大暴れ^^

    映画になった時からきになっていたけれど、ようやく読みました。
    凝った表紙にドキドキしながら読み始めると、意外に文章はシンプル。
    物語もとてもシンプルでした。

    そのおかげで、物語がスーッと心に入ってきて、とても良い絵本でした。これなら子どもにも読んであげたい。

    かいじゅう達のこわいけど、愛嬌のある表情に注目。
    子どもと一緒にかいじゅう踊りを考えなくては!!

    掲載日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怪獣踊り

    怪獣踊りに絵だけの場面なので自分でも踊りを始めてみました。

    身体を動かしているってなんだか楽しくなってきました。

    最後もお部屋に温かい夕ご飯が用意してある場面がとても温かくて胸キ

    ューンとなりました。怪獣って怖いけれど子供って好きだからお薦めで

    す。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理屈抜きに楽しめる

    • かよたさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    モーリス・センダックさんの代表作。1964年にコールデコット賞を受賞した作品です。
    2010年にはスパイク・ジョーンズ監督による映画も公開されましたね。

    ママに怒られて寝室に閉じ込められたマックス。
    しかし、その寝室が野原や海に変わり、マックスは航海を始めます。
    そして、たどり着いたのはかいじゅうたちのいるところ。

    奇妙だけど、なぜか憎めないかいじゅうたち。何度も手に取ってみたくなる絵本です。
    ちょっと生意気な感じがしてしまうマックスも最後には自分の家に帰っていく…なんだか可愛らしく思えました。
    理屈抜きに、楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かいじゅうたちのいるところ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / げんきなマドレーヌ / 100まんびきのねこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2つの写真のまちがいをさがそう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット