雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ボビーとそらいろのヨット」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

ボビーとそらいろのヨット 作・絵:マーガレット・バーディック
訳:渡辺 茂男
出版社:童話館出版
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年
ISBN:9784924938465
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,100
みんなの声 総数 12
「ボビーとそらいろのヨット」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おくりものの意味

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    最初、読んだときには、おくりものにいちいちケチをつけるようなやりとりがあるので、あまり良い気持ちがしなかったのですが、もう一度読んだら、”あ〜、なるほど”と思えるようになりました。
    確かに、自分が良いと思ったものを人にあげるのではなく、その人の人柄を知った上で、何が一番喜んでくれるだろう?と考えてあげるべきなのです。
    贈り物は自己満足ではいけないのです。
    そのことが、子供にもわかるようなお話になっています。
    絵もとてもかわいいし、主人公のボビーが選ぶおくりものも、まさに子供が選びそうなものばかり出てきて、面白いんじゃないかな。

    掲載日:2009/05/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ボビーとそらいろのヨット」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット