あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ミリー 天使にであった女の子の話」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

ミリー 天使にであった女の子の話 作:ヴィルヘルム・グリム
絵:モーリス・センダック
訳:神宮 輝夫
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1988年
ISBN:9784593502196
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,379
みんなの声 総数 11
「ミリー 天使にであった女の子の話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 奥深いセンダックの絵が印象的です

    戦争から自分の娘を守るために森の奥にかくまった母親。
    娘は3日間聖ヨセフに身を守られた後に家に戻ったら、30年の月日が流れていたというお話。
    夫を失い、子どもを次々と失って一人だけ残った娘を思う母親の悲哀が切ないお話。
    ですが、話の主人公は娘のミリーの不思議な体験。
    守護神に守られ、聖ヨセフに守られた逃亡生活。
    センダックは絵の中に様々なものを取り込んで、ストーリー以上に深みと不思議さのある絵本になっています。
    森の中で座り込んだミリーの向こうを通りすぎていく人々はいったい誰?
    作品途中で子どもたちを前に横たわって指揮棒を振る音楽家はいったい誰?
    景色の中に現われる守護神、建物、動物たち、木々の意味ありげな姿、神秘性のあるお話です。
    ヴィルヘルム・グリムがミリーという少女に宛てた手紙に添えられていたというお話。
    他のグリム童話とはかなり異質で、グリムのオリジナリティが溢れているのでしょうか。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ミリー 天使にであった女の子の話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット