貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ガルドンのながぐつをはいたねこ」 大人が読んだ みんなの声

ガルドンのながぐつをはいたねこ 作・絵:ポール・ガルドン
訳:てらおか じゅん
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1978年
ISBN:9784593500758
評価スコア 4.3
評価ランキング 14,404
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • このねこもいいです!

    我が家が購入した「ながぐつをはいたねこ」はハンスフィッシャーの絵本ですが,こちらポールガルドンの「ながぐつをはいたねこ」もまた味わいあっていいですね!
    ちょっと生意気そうな賢いねこの表情がにくいです(笑)。
    「ながぐつをはいたねこ」は有名なお話でたくさんの方々が描かれていますが,イラストによって雰囲気や味わいが違うので,読み比べてみるととても面白いですね。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長ぐつがこのネコらしい

    フィッシャー書いた「ながぐつ〜」のねこより狡猾な感じと

    いうか気位が高そうな感じです。

    長ぐつも赤で洒落た感じでこのネコらしいかな。

    色々な人の訳や絵で読み比べてみるとそれぞれの特徴や

    捉え方が同じ話でも違うので勉強にもなりますね。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなネコは怖い

    長いお話ですが、そのぶんだけ面白さがあるように感じます。
    表紙のネコの姿が、インパクト大でしょう。
    「にっ」と口もとは笑っているのに、目は笑っていない・・・腕も足も組んで、一癖も二癖もありそうに見えました。
    その印象は間違っていなかったと思わせる、お話でした。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ガルドンのながぐつをはいたねこ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / ぐりとぐら / こんとあき / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / いないいないばあ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット