ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

クリスマスの12にち」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

クリスマスの12にち 絵:エミリー・ボーラム
訳:わしづなつえ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年
ISBN:9784834015621
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,481
みんなの声 総数 8
「クリスマスの12にち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本で遊ぼう…

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     マザーグースの一つを絵本にしたもの…

     「これはジャックのたてた家…」と同じように
    歌詞がどんどん積み重なっていく積み重ね唄だ
    日にちが増えるたびにキャラクターの数も
    連動して増えていく…
     前半は<ヤマウズラ>に始まって鳥たちが続き、
    後半<8人のかわいい娘>からは人間が登場する…
     右ページ全体がメインの絵になり、左ページに
    それまでの積み重ねがキャラクターの数で繰り返し描かれる…
     孫と読んでいる時、歌詞を忘れても絵を見て
    思い出せるのがありがたい

     訳者自身による日本語版、英語版、カラオケの
    CDがついているのでこれを聞きながら遊ぶのも楽しい…
     エミリー・ボーラムの絵は白地をバックに
    素朴で親しみやすい…

     彼女はあの「さむがりやのサンタ」などで有名な
    レイモンド・ブリッグズの弟子だというが、
    そういえばキャラクターが全てポチ目なのは
    その影響かもしれない…でもそれはまた別な話…

    掲載日:2012/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「クリスマスの12にち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット