しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ごきげんなすてご」 大人が読んだ みんなの声

ごきげんなすてご 作・絵:いとう ひろし
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784198602352
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,842
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 兄弟あるある

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子4歳

    小学校2年生の長男に薦められそうな本を探していて、自分で読んでみました。

    今まで両親を独り占めにしていた第一子のありがちな気持ちですね。このテーマの絵本はたくさんありますが、斬新なのは、動物がどんどん仲間に加わってくることですね。

    文章が少なくて小さな子にも読みやすいような気がしますが、文章がすべて誰かの台詞か「あたし」の心の声で、地の文章がないため、小さな子には状況を把握しにくいように感じます。ある程度一人での読書に慣れていて、どれが誰の台詞かすぐにわかるレベルでないと楽しめないなと思いました。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど 赤ちゃんが生まれて お家に帰ってきたのですが・・・・
    弟の顔が おさるだった
    お母さんが 赤ちゃんに手を取られて あたしのことなんかほったらかし
    お姉ちゃんの気持ちがわかるよね〜

    「すてごになっちゃう」 お母さんは 「はい はい」
    家出しました・・・・ 「ばんごはんまでには かえって きなさいね」

    「かわいい すてご」 段ボールのはこの中で ぜったい おさるのおとうとは いないの そう否定したり・・・・ 複雑な気持ちです
    たっくんと べろだしてるところは 笑えます   
    子どもなりに いろんなことを考え巡らせているのが いいですね〜

    子どもの気持ち   

    ここからの展開が おもしろいのです
    イヌやネコも カメまで仲間になって  段ボールの箱のなに 
    みんな 誰かにもらわれていくんです
    飼い主がやってきて イヌはうれしそう

    オチ  お母さんとお父さんが 迎えにきてくれるのです
    お父さんお母さゆったりとした対応が良いですね

    子育て中のお父さんお母さん こんな優しい対応ができたらいいですね

    いとうひろしさんの 後書きも良いし  コメントもホロリとしますね

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おねいちゃん、おにいちゃん

    今年中に、今7歳4ヶ月の女の子の孫と、1歳9ヶ月の孫はおねいちゃん、おにいちゃんになります。弟が生まれれば、弟にかかりっきりになるからと今は二人をとても可愛がっている両親です。捨て子になった女の子の気持ちが素直に描かれているから、あかちゃんにかかりっきりになる親に代わって二人の孫のことを気にかけようと思って読みました。上のおねいちゃんには、障碍があるから常にかかりっきりだから、あかちゃんがほおっておかれる気もしますが(?)、おねえちゃん、おにいちゃんの気持ちも大切に扱いたいと思いました。

    掲載日:2014/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寂しいおねえちゃん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    弟が産まれて両親は弟のことばかりでおねえちゃんは寂しくなってしまったんですね。
    おねえちゃんやおにいちゃんはこの気持ち分かるかな。
    自分で箱を用意してすてごになってしまうところにはびっくり!そしてけっこうみんな相手にしてくれないものですね…。
    おかあさんもあまりおねえちゃんに寄り添ってくれないですし。赤ちゃんがいてももう少しこのおねえちゃんのことも気にかけてくれてもいいのでは?

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟の本

    弟ができて上のおねえちゃんが
    怒って(すねて)、捨て子になります。
    自分を可愛がってくれる家を探すんです。
    捨てられるのではなくて、自分で捨て子になるなんて
    発想がおもしろい。
    最後はやっぱり、大好きな家族がもらってくれるんです。

    ママとパパは子供のこと好きです。
    そのあたりまえが嬉しいですよね。

    掲載日:2011/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ごきげんなすてご」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット