ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ごんぎつね」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

ごんぎつね 作:新美 南吉
絵:箕田源二郎
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1982年11月
ISBN:9784591005286
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,039
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • きもちの変化が描かれている

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    ごんぎつね。
    親世代の私たちには懐かしい名作を、息子が幼稚園で借りてきて
    ひさしぶりに読みました。
    小学生のころに「ごんの気持ちはどう変わりましたか?」なんて
    国語の問題で出た記憶がうっすらとあるのですが、
    やはりストーリーの中できつねのごんと人間の兵十の気持ちの変化が
    丁寧に描かれていると思いました。

    いたずら好きのごんが、兵十のことを思いやりこっそり差し入れを
    していくのですが、ごんではなく神様のしたことに思われていたときに
    ちょっとつまらないと思ったりするところも、完全なる善人になりきれないごんに読む方も親近感をわかせる気がしますね。笑
    そんなごんが最後まで兵十との理解を深められないまま、
    兵十によって撃たれてしまうのはいっそう悲しくリアルです。

    ただストーリーの終わり方が唐突で、ちょっと物足りなかったので
    ☆−1にしました。

    掲載日:2010/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ごんぎつね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット