だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

うんちしたのはだれよ!」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

うんちしたのはだれよ! 作:ヴェルナー・ホルツヴァルト
絵:ヴォルフ・エールブルッフ
訳:関口 裕昭
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1993年11月
ISBN:9784039611307
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,669
みんなの声 総数 201
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 爆笑!

    可笑しくて、可笑しくて、何度笑ったかわかりません。
    あるひとつぜん、「うんち」が空から落ちてきて、
    それがモグラの頭に乗っかるなんて…!
    しかもそのモグラのキャラクターがとてもいいです。
    犯人はいったい誰なのかな?
    最後のオチもすばらしい!
    読み聞かせにぴったりです。

    掲載日:2016/01/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 生物の勉強になる(大袈裟?)

    まず、タイトルですよ。何これ、笑える!

    笑えるだけではなく、生物のお勉強にもなりますよ。多分。
    いろんな動物のウンチの形や排泄の音からどんな具合なのかも伝わってきます。
    勿論、子供はイチイチ楽しそうに聞いています。
    ラストもとっても可愛らしいです。

    掲載日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑えて楽しいウンチ絵本!

    • たっちママさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、女の子2歳

    もう、ウンチ絵本というジャンルができてもいいんじゃないかと思うくらい、子どもにテッパンのテーマですよね、ウンチ。科学的なのから、ダジャレのようなのまで、どれも5歳の息子は大好きです。
    こちらはしっかりストーリーになったウンチ絵本。ウンチを落とした犯人をウンチを頭に乗せたまま探すという、もうそれだけで子どもは爆笑ですよ。
    繰り返しのリズムもいいし、擬音もたっぷりで、子どもにウケる要素がたっぷりなので、外れなく読める気がします。
    文章量が結構多いので、4歳ぐらいからが一番楽しめそうですが、ちょっとストーリーをはしょればもう少し小さくてもオッケーかな?
    時々はこんなコミカルな本を読んで、楽しい気分になるの、大事な気がしてます。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんちが頭に〜!

    このお話はモグラ君の頭にうんちが落ちてきて、だれがうんちを落としたのか犯人を突き止めるところからお話は始まるのですが、色々な動物のうんちをかけらそうになりながら犯人を探していく様子がシュールで面白くって、子供も大人も大笑いで見ていました。

    掲載日:2013/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちって好きですよね

    ある日モグラ君が地面から顔を出すと頭上にうんちが落ちてきた!
    怒り心頭なモグラ君は犯人探しを始めます。
    行く先々でいろいろな動物のうんちが出てきて、ひとつずつ確認していくのが面白い。

    結構有名な本だとは思いますが、なかなかお母さんが手には取らないかなぁとも思う本です。
    クラスの子どもたちに読むと、きゃーきゃー、わーわー言いながらも男女とも楽しんでいました。
    不思議なくらい子どもたちのテンションが上がりました。

    毎日繰り返し読むほどではないですが、機会があれば読んで損はないかなと思います。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんちがのっかったままなのね

    レビューをみても、楽しそうですし、人気なので、いいのじゃないか
    なあと、娘に読んでみました。
    娘は、残念ながらたいして気に入った様子ではありませんでした。
    お話は楽しいのだけどなあ・・たぶん絵の雰囲気が娘の好みではなかった
    のだと(かわいいと思えなかったのだと)思います。
    もうちょっとかわいらしいもぐらくんだったりすれば、きっとまた
    違うのだろうなあ。
    それにしても・・もぐらくん、いくら怒っているとはいえ、頭に
    うんちをのせたまま犯人を捜さなくっても(笑)。
    表紙を見て帽子だと思っていたのですが、うんちだったと気づいた
    時の私の衝撃といったら(笑)。
    いろんな動物の「うんち」がどういうものか知るのにとっても役立つ
    絵本だと思います。

    掲載日:2012/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものツボ!

    お上品に育てている(?)つもりでも、やっぱり子供はうんちという響きが大好きなものですね。

    目の悪いモグラくんが自分の頭に落ちてきたうんちの犯人を捜しに
    出かけるけれど、どの動物のうんちも自分の頭のとは違うもの。
    てっきり普通に探し当てるのかと思いきや、答えを教えてくれたのは
    蠅だなんて!びっくりです。

    色々違ううんちの描写がリアルでこどもは喜んでいましたが
    私はというと、想像してしまって少し気持ちが悪くなってしまいました(+o+)

    掲載日:2012/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなウンチ

    まず、タイトルの強烈な印象。そして、頭いウンチを乗せているモグラの表紙。
    絶対に忘れられそうにありません。

    頭の上のウンチの主を探すモグラくん。
    たくさんの動物に聞きまわり、そのつどいろんなウンチが出てきます。

    確かに、動物のウンチってそれぞれ違いますが、こんなにじっくり見たのは初めてです。

    子供は、「うわー、またウンチ」と言いながらも、楽しそう。
    子供って、「ウンチ」とか好きですよね。

    モグラくんの最後の仕返しが、ささやかでかわいらしかったです。

    掲載日:2011/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園の息子はうんちだいすき。
    それなら気に入るだろうと思って買ったのがこの本。
    遠慮なくウンチウンチ言いながら、ビシャッとボトンと落ちてくるうんちに喜び、一生懸命でチョット間抜けで愛すべきモグラ探偵の犯人探しを応援します。そして最後の仕返しがまたなんともかわいく、おかあさんも大ファンになってしまうのです。

    掲載日:2010/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大笑い

    頭にうんちを落とされ、その犯人探しを
    始めるもぐらくん。
    いろんな動物に聞きまわって・・・・

    この動物はこんなうんちをするんだ
    ということも
    分かります。
    こどもって何故か「うんち」って聞いただけで
    テンションあがりますよね(笑)
    ただこの絵本は、下品ではありませんので。

    ぶたさんに聞いてるときの
    もぐらくんの指、見てください。
    うちのこどもは、大笑いしてました。

    犯人は
    「にっくき にくやの にくやま にくえもん」ですが
    これがまた、こどもにはヒット。
    歯磨きの仕上げ磨きのときにも
    思い出して
    「ひひひひーーー」って
    笑っています。

    掲載日:2009/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うんちしたのはだれよ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

くもかいじゅう / どろぼうがっこう だいうんどうかい / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット