ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

うんちしたのはだれよ!」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

うんちしたのはだれよ! 作:ヴェルナー・ホルツヴァルト
絵:ヴォルフ・エールブルッフ
訳:関口 裕昭
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1993年11月
ISBN:9784039611307
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,667
みんなの声 総数 201
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 何歳になっても根強い人気のうんち

    有名な絵本ですが、今まで読んだことがなくて、読んでみました。

    さすがに、うんちものは何歳になっても子どもには根強い人気ですね。
    息子もとても気に入ったようでした。

    息子に読み聞かせをしていた時には、もぐらくんの頭にずっとうんちが乗ったままというところを見落としていたのですが、私ならいち早く洗い流したいところです。

    科学絵本というわけではないのですが、動物によってうんちの形状が違うということがよくわかると思いました。

    小さい時に読んでいたら「もう一回」と何度もせがまれそうな絵本だと思いました。

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんちの話は教室を明るくする

    うんちの話に、子どもたちはキャーキャー。
    騒がしくなるのですが、うんちネタでのキャーキャーは
    明るいキャーキャーな気がして私は好きです。
    そしてこの絵本ですごいところは
    うんちの形と、うんちの音が動物によって
    ちゃんと描き分けられているところ。
    キャーキャー騒いでいた子どもたちも、
    そのことに気が付くと、真剣に本を見ています。
    うんちの話は、「汚い話」ではなく、
    なんだか、教室を明るくしてくれるように感じています。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんちだらけ!

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    モグラ君の頭の上に 誰かがウンチをしていきます。
    「犯人は誰だ!」
    探しまわるモグラ君に 動物たちは
    「僕のウンチは・・・」と説明し、なかなか、犯人がみつかりません。
    それでもようやく探し当てた犯人に、モグラ君がした仕返しとは・・・。

    動物たちのウンチが どんなものなのか、
    愉快に知ることのできる絵本です。

    動物に触れることの少ない現代っ子も、
    こうやって予備知識を増やしていけるんですよねぇ。
    で、実物を目にする機会があると、
    「本当にこーんなうんちなんだぁ」と思いだすのでしょう。

    小さい子も大きい子も「きたな〜い」とか言いつつ
    大好きな部類のお話。
    最後にモグラ君がした仕返しに
    笑って納得していました。

    掲載日:2008/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うんちしたのはだれよ!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

くもかいじゅう / どろぼうがっこう だいうんどうかい / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

全ページためしよみ
年齢別絵本セット