ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

せんろはつづく」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

せんろはつづく 文:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784323013633
評価スコア 4.77
評価ランキング 500
みんなの声 総数 212
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 電車好きの息子に1歳のときに買いましたが、3歳までの間に、繰り返し繰り返し100回近く読みました。
    赤ちゃんの絵本は、4歳以降は息子と相談しながら、100冊程保育園に寄付しましたが、この絵本は、息子が「まだとっておきたい」とのことで5歳になった今でも家に残っており、時々本棚から出しては、一人で読んでいます。
    電車好きの子どもは、将来なりたいものを聞かれると、「電車の運転士」か「車掌」になりたいとよく答えるものですが、息子は3歳くらいの時期「線路の補修をする人になりたい」と言っていた時期がありました。
    この絵本の影響を受けているのかなと思います。
    線路を作るという作業は、電車の運転とはまた違った魅力があるのだろうなと思います。
    電車の運行は、運転士や駅員だけで成り立っているわけではありません。それよりはるか以前に線路を作るという作業が存在します。小さなことではありますが、これもまた社会の仕組みを知る第一歩。
    子どもが電車を運転する絵本はたくさんありますが、線路を作る作業を描いた絵本は珍しいと思います。貴重な一冊です。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 電車好きの長男へ購入

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子6歳、男の子5歳、女の子1歳

    長男が1才の時に購入して、未だに時々開いています。
    やわらかいタッチの絵と、短いフレーズで繰り返されるリズム。

    子どもたちも、
    やまがあった どうする?
    という感じで聞くと、続きを言ってくれます。

    子どもたちとゆっくり読んであたたかい気持ちになれる絵本ではないでしょうか。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそう♪

    子供たちが、線路を繋げていくお話。子どもたちだけでトンネルを掘ったり、橋を架けたり、駅や踏み切りを造ったりする姿は楽しそうで、子どもも想像力が広がると思います。ついてくる動物に注目して見るのも面白いです。このシリーズは本当に夢があって大好きです。

    掲載日:2015/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢ふくらむ

    夢のある絵本です。

    子供たちがトンネルを掘ったり、橋を架けたり・・・。
    ありえない話なのですが、これを読んでると「そんなことできちゃうかも!?」と思えてきそう。

    読書しながら見守っているお母さんがまたいいですね。

    こういう絵本を読んで、どんどん夢をふくらませてほしいです。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわくする絵本

    1歳の子には、少し早いかな?と思いましたが、皆さんのレビューを見ていると、大丈夫そうだったので読んでみました。
    乗り物が好きな息子なので、すぐに食いつきました。絵本を開くたびに絵の中に発見があるので、長く楽しめる絵本だなと思います。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもだけじゃなく大人もハマる!!

    子どもが電車に興味を持ちはじめた時に図書館で見つけて読みましたが,娘が気に入ったので思わず購入してしまいました。

    線路をつなげていく過程で問題に直面したとき,小さな子どもたちが力を合わせてクリアしていく様子は,読んでいる大人が感心させられました。

    最初に読んだときの娘の反応は,最後に列車が出てくるところに一番興奮していましたが,何度も読むうちに「どうする?」のフレーズを一緒に口ずさんだり,トンネルや踏切に反応したり,出てくる子どもたちの洋服の色に注目したりと,読むたびに娘なりの楽しみ方を見つけていました。

    子どもが大きくなっても長く読んであげられる楽しい絵本だと思います。

    掲載日:2015/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好きなら必見

    電車好きな息子1歳3カ月に読み聞かせました。
    はじめっから最後までずっと真剣に見ていて、何度も「もっと」とせがまれました。
    登場する子どもを自分に見立てているようで、指をさして大興奮します。

    電車のおもちゃで線路や橋、トンネルを持っているので、読んだあとは見せて名前伝えてあげています。
    ちゃんとしゃべれるようになるまで、長く読める絵本だと思い、
    図書館で借りて読みましたが、返却前に購入してしまいました。
    最近続編が2冊も出ていることを知り、とりあえず図書館で借りてみようかな、と思っています。

    竹下さんの乗り物絵本は子ども心のツボがおさえられているようで、どれを読んでも喜んでくれます。

    掲載日:2014/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子でも楽しめる

    初めて購入した電車にまつわる本です。女の子なのでそれほど電車には興味がないのですが、広大な野原にどんどん線路がつながっていく様子が楽しいようで、興味深く見ています。

    途中、池のシーンに出てくるアヒルやうさぎ、遮断機のシーンに出てくる豚など、動物を見つけては「あっ、ぶたさん!」などと叫んでいます。

    ひそかにベビーカーに寝ている赤ちゃんも出てくるのです。ページの隅の方に出てくるだけなのですが、うちの子はめざとく見つけて「あかちゃん、あかちゃん」と喜んでいます。単なる電車の本ではなく、色々なものが登場し、あたたかい気持ちになれる絵本です。なので女の子でも十分楽しめると思います。

    掲載日:2013/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて子供に買った絵本です

    • みゅーけさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    もう6年も前ですが、初めて自分で選んで息子に買った絵本です。
    息子が電車が好きだったことと優しい絵に惹かれて購入しました。
    ほぼ毎日読んでいたら2歳近くで息子は暗記してしまいました。
    子供にもわかりやすい文章です。
    今は息子も大きくなって本棚の片隅に置いてありますが将来の孫のため(?)
    自分の思い出としてずっととっておきたいなーと思っています。

    掲載日:2013/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもおすすめ絵本で紹介されており気になっていました。図書館でも人気でいつも貸出中だったのが、やっと借りることができました。
    さまざまな問題を解決しながら線路をつなげていく夢のある話です。絵もとてもかわいくて子どもも気にいったようなので、購入しようと思います。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せんろはつづく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(212人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット