たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

せんろはつづく」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

せんろはつづく 文:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784323013633
評価スコア 4.77
評価ランキング 513
みんなの声 総数 213
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

53件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 電車遊びがさらに楽しくなる本

    初めて読んで視点がスゴイ!と驚きました☆

    小びと達がおもちゃの線路をつなげて電車を走らせるという内容。
    途中「やまがあった どうする?」など様々な問題が出てきますが「トンネルをほろう」というふうに次々に解決。
    最後はみんなで電車に乗って、レールがつながったことを喜びます。

    男の子なら誰でも1度は遊ぶだろうプラレールや木のレールセット。
    つなげて電車を走らせることに夢中になっている子多いですよね。
    そこに、もし絵本の小びと達がいたら・・・。
    「どうする?」「ふみきりをつくろう」「まわりみちをしよう」
    いつしか小びと達になりきって、あれこれ考えて楽しむことでしょう。

    つなげて線路を作って遊ぶ過程での想像の世界を、グンと広げてくれること間違いなしです。

    掲載日:2010/08/10

    参考になりました
    感謝
    3
  • 電車絵本は数あれど・・・

    電車好きの2才の息子のお気に入り。読むと必ず「もう1回、もう1回」とお願いされます。
    電車が主役の絵本はたくさんあるけれど、線路を主役にしたものはなかなか少ないのではないでしょうか?小人たちが協力しながら線路をつなげていく様子を見て、息子もうれしそう。「やまがあった どうする?」「かわがあった どうする?」というやさしい声かけも楽しいようです。
    自分がおもちゃの線路をつなげて遊ぶときにも、この絵本の中のように、山や川を思い浮かべて、遊んでほしいものです。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 線路をつくろう

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    プラレール好きな2歳の息子がうれしそうに見ていました.

    子ども達がみんなで力を合わせて線路を作ります.途中,山があったらトンネルを掘り,川があったら鉄橋をかけてなかなか本格的です.普段は特に何も考えず,当たり前のように電車に乗っているけれど,線路を作るってとっても大変な作業だよな〜とこの本を読んで改めて思いました.
    文章が少ないので,うちの子くらいの子どもでも最後まで絵本に集中していました.途中問いかけがあって自分で考える機会もあるし,楽しい絵本でした.

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 方法を考えながらすすむ

    せんろはつづくどんどんつづく、と
    せんろとせんろをつなげて道を作っていきます。
    進んでいくと、
    やまがあった、どうする?
    かわがあった、どうする?
    一緒に考えながらその先を作って行きます。

    きしゃが線路の上を走る話しかと思っていましたが、
    線路を作っていくお話しだったのですね。
    トンネルやくねくね道や遮断機も、出来上がったものをみれば
    それが景色としておさまってしまうけれど、
    そうなっているのには理由がある。
    そんなことにも気付かせてくれます。

    ここに駅を作って、トンネルを持ってきて、踏切を
    作ったり…と、私自身子どもの頃、プラレールに夢中になって
    遊んだことをふと思い出しました。

    線路をつなげてみんなで作っていく世界は、
    色々な物を並べ見立てて道をつくったり、
    お話をすることが多くなった息子の欲求を満たして
    くれるよう。息子はこの本が大好きです。
    これからもたくさん読むことになりそうです。

    掲載日:2012/04/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 電車好きにはテッパン!!

    電車が大好きな2歳の息子。
    当然家にも木製のレールセットがあり、毎日走らせております。でもその電車遊びに打ち込むようになったのも2歳前後。やっぱりこの本も電車好きの子が真に楽しめるのは2歳くらいからか?!という気がしています。
    ちょうど木の列車セットをつなぐように、絵本の中でどんどんレールが繋がっていき、障害物をクリアして、最後は列車が走るという、まさにプラレール絵本版?電車好きでこれが嫌いな子はまずないんじゃないかと思うくらい、王道な感じがします。
    息子も一度よんだらもうハマりまくり。
    ストーリーが分かりやすいので、若干あきるかなという心配もありましたが、描かれている絵が丁寧で、隅々まで細かい描写があるので、息子は最近は端々の動物や植物なんかが気になるようで、ちっともあきません。
    読み聞かせながら「あ、つなげたらいいんちゃう?!」「こうやって行ったらいいんちゃう?」と息子が発する言葉に会話も弾み、本当に活き活き読み聞かせられる絵本です。
    お父さんが読んでもすごく読みやすそうなので、ぜひ!!

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • のりものが好きなこどもたちに

    1歳児クラス(誕生日をむかえ2歳を過ぎている子ともうすぐ2歳の子とが半分すつくらい)で読みました。
    電車をつなげて遊ぶ事が好きでもくもくと長い時間遊ぶ姿も見られたので、この本を選びました。
    「どうする」というところを真似してはその先の絵を指さし教えてくれ楽しんでいます。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルで、楽しい!

    線路をどんどん繋げて、その先には何があるのかな?と期待できる内容に、息子は引きこまれた様子でした。読み終わってすぐに「もう一回」と言われました。

    川があると鉄橋をつくり、道があると遮断機をつけたり、次にどうするんだろう?と息子と想像しながら読めるところに、子供の発想力が芽生えそうで、繰り返し読みたいと思いました。

    イラストの色合いも綺麗で、シリーズ他の本もどんどん読んであげたいと思いました。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車大好きな息子に。

    普段、とにかく電車が大好きなので、購入しました。

    「どうする?」という語り掛けの部分に、
    毎回「んーーー」と考え込んで、答えて、楽しそうです。

    子どもたちが線路を作り上げていく姿がとても可愛いし、
    絵柄がとても優しくて、私も息子も大好きです。
    風景の細かい部分も、楽しいですよね。

    このシリーズは全部集めたくなっちゃいました。

    掲載日:2015/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車に興味の無い息子にも

    • スノコさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    2歳半の息子に読みました。息子はあまり電車に興味がなく、最初は静かに聞いているだけでした。
    それでも何度か読んでいくうち、「どうする?」の問いかけに「ジャンプする!」と楽しそうに答えたりするようになりました。また、動物が好きなので「うさぎさんがお手伝いしてくれてるよ!」と発見したりして喜んでいます。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り物といえばこれ!

    男の子は乗り物大好き!そんな男の子達には絶対にこの一冊を読んでいます。

    まずはやわらかく温かいタッチの絵がとても良いです。ストーリーも「どうする?」と子ども達とのやりとりを楽しめるのも良いと思います。

    ゆったりとしたリズムで楽しめますね。

    掲載日:2015/01/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せんろはつづく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

みんなの声(213人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット