なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

せんろはつづく」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

せんろはつづく 文:竹下 文子
絵:鈴木 まもる
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784323013633
評価スコア 4.77
評価ランキング 500
みんなの声 総数 212
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • なつかしい

    この作品を読むと、なぜか昔の光景を思い出します。
    見ていて、とても微笑ましくなりました。
    娘が女の子なので、電車や線路など興味があるかな?と
    思ったのですが、食い入るように見ていました。
    絵本のなかに入りたくなる1冊です。

    掲載日:2013/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • この子たちいったい何者?

    • きよごおさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    6人の子どもたちが枕木とレールをつなげて線路を作っていくのですが、その先には山や川、道路が待ち構えていて−。
    子どもたちが工具を駆使して鉄橋や遮断機をつくっていくさまは妙にリアル。思わず「こんなことできんやろーーー」と突っ込みを入れてしまいましたが、それでも子どもはわくわくしながら読んでいるようです。

    文字量はそれほど多くなく、また「どうする?」「そんなときは、」など文章にリズムがあってとても読みやすいです。
    わが子も文を覚えてしまっているようですが、それでも何度も読んでとせがまれます。電車好きの男の子には特におすすめの1冊です。

    ちなみに「せんろはつづく まだつづく」は更にパワーアップです。この子たちっていったい何者?

    掲載日:2010/05/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • どんどん線路をつないでいき、目の前の障害を回避する事で鉄橋ができたり、踏み切りができたりしながら、列車がどんどん進んでいきます。リ繰り返し読んでも飽きがこず、線路のその先にあるものが気になり、想像力を掻き立てられる絵本でした。

    掲載日:2016/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • プラレール好きの息子に

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    プラレール大好きな息子が気に入りそうと思って読みました。
    子供たちが自分たちの手で線路を作っていくお話です。

    どんどんつないで、どんどん長くなっていく線路。
    途中は山やら川やら道やら・・・障害物がいっぱい。
    それを、子どもたちは素晴らしい発想で線路をつないでいきます。

    息子もプラレールで線路を組んでいくのが好きなので大喜びでした。
    特に踏み切りを作るシーンが気に入ったようです。

    絵を見ているだけでもストーリーがわかる、楽しい一冊です。

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくなります

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    出てくるこどもたちが可愛らしいです。みんなで線路を作るというストーリーも斬新で楽しいです。最後に駅ができて、お母さんと赤ちゃんが乗り込むところもほっこりさせられます。
    電車好きな娘も気にいってました。短いので1〜2歳から楽しめるかなと思いました。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵

    • 佐藤まめこさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    電車には興味のない娘が大好きだった絵本。
    図書館で借り、児童館読み本屋で読み。。。
    何回読んだかは分かりません。

    子供の夢、子供にしか思い付かないような感覚なのか。
    すごく楽しそうによみます。
    今では私もお気に入りになりました。

    掲載日:2013/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考える楽しさ

    子供たちが力を合わせて線路をつないでいくお話。
    線路をつないでいく際に、出てくる障害(?)
    「山があった、どうする?」
    「川があった、どうする?」
    「道があった、どうする?」
    そのたびに、道を切り開いて線路をつなげていきます。
    線路がつながると、駅を作り、最後に汽車を走らせます。

    私も息子も大好きな絵本。初めて読んだのは、1歳のとき。
    電車が好きの息子に、片っ端から電車が出てくるお話を読んでいたのですが
    この絵本は、汽車の出番が少なかったので、当時の息子にはうけませんでした。。。
    3歳になり、もう一度読んでみると、「せんろはつづく、よんで〜」と毎晩寝る前に持ってきます。

    絵本って、読む年齢によって反応も成長していくんですね〜。
    息子も3歳になって、目に飛び込んでくるものに驚き、喜ぶ楽しみ方から、
    次はどうなるんだろう?と考え、わくわくする絵本の楽しみ方ができるようになったんだな〜と思いました。

    掲載日:2013/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろ楽しめる本です☆

    保育園で、3歳児の子どもたちに大人気の絵本です☆

    はじめは「汽車はどうやって通るのかな?」と
    興味津々で私の読み聞かせを見ていました。
    しかし、もう2回目の読み聞かせでは私の
    「どうする?」の問いかけに・・・
    「あのね、橋だよ!!」
    「あのね、こうやってグル〜って行くんだよ!!」
    「トンネル!とんねる!」
    とすぐに回答がかえってきました。

    何度も何度も読むうちに、たくさん出てくる
    動物たちを見つけながら楽しく読んだり、
    おもちゃの汽車を持ってきて絵本の線路の上を
    走らせながら楽しんだりと、子どもたちは
    色々なこの本の楽しみ方を見つけて、
    ずっーと読み続けています☆

    掲載日:2012/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 電車好きの子に

    この絵本は、子供達がみんなでどんどん線路をつなげていくんですが
    その途中で山があったり川があったり大きな池があったりして
    『やまがあった。どうする?』というような問いかけがあり
    子供にどうする?と考えさせて次のページをめくると。。。
    『あなをほろう!トンネルだ!』とみんなで相談して答えをだす
    というような展開で、どんどん線路ができていくというお話。
    一緒に読みながら『どうする?』とコミュニケーションをとりながら
    楽しく読めるお話だと思います。
    絵本をよくよく見ると、いろいろな動物が発見できたり。。。
    あとは絵本を何度も読んで色々発見してみてね
    私的には2歳くらいの子が最適かなと思うんやけど、3歳半の長男は
    すごく気に入ってて、何回も何回も読まされたり自分で読んだりしてます。
    電車好きの子にいかがでしょうか?

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい気持ちになれる絵本

    この本が届いてから、毎日繰り返し『読んで』とおねだりするほどお気に入りの一冊です。絵もとても優しくて、とても温かい気持ちになれる一冊です。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せんろはつづく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(212人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット