十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

くつくつあるけ」 0歳のお子さんに読んだ みんなの声

くつくつあるけ 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1986年06月
ISBN:9784834006827
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,434
みんなの声 総数 175
  • この絵本のレビューを書く

0歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • いい絵本です

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    ヨチヨチ歩きの頃は勿論、今でも、『歩け歩け』と思う親心をぎゅっと掴んで離さない、そんな絵本だと思います。
    この小さな靴が、赤ちゃんの足を想像させます。
    今でも読み返すと、ヨチヨチ歩いていた時の事を思いだし幸福感に包まれます。
    今また、下の子が歩き出そうとしているので、その未来を想像して楽しくなる、そんな絵本です。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歩けるようになるころにもう一度

    1足の靴しかでてこない絵本なのに
    たのしい擬音でリズムの良いストーリーと
    かわいい靴の様子が
    とても楽しい1冊。

    4か月の娘はまだ靴を知らないせいもあってか
    じっと見ていますがまだ反応は・・・。
    靴を履いて歩くようになったらまた一緒にぜひ読みたいです。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歩きたいと思い始めたらいいかも

    0歳の時は、靴に興味が無いのか直ぐに閉じられていました。1歳になり歩くことを意識して、歩き始めて結構たってからでしょうか興味を持ってくれるようになりました。
    クックと話せるようになってからでしょうか?靴が早足としたり飛んだりしているイラストには自分の歩くイメージがあるので笑って聞いてくれるようになりました。
    ただ、靴の動作はありますが同じ色がずっと続くのと面白い語呂があるわけじゃないので、結局あまり読んでくれと持ってこない本になりました。シンプル過ぎるのも良し悪しなのかな〜。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぱたぱた、ぴょんぴょん、とんとんなど、リズミカルな擬音がたくさん登場します。
    赤ちゃんが描かれているわけではありませんが、赤ちゃんが危なっかしく歩いている様子が目に浮かびます。
    少し歩けるようになった子どもに、この絵本を見せた後に散歩に行くと、靴にすごく興味を持ってくれます。
    靴を履く瞬間から、目が輝いています。
    少し歩くたびに、靴を指差して「あー、うー」とアピールするので、「パタパタパタ」など声をかけると、ご機嫌です。
    お出かけが楽しくなる絵本です。

    掲載日:2013/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 靴だけが出てくる絵本なのですが、この靴がうちの子のファーストシューズにそっくり。
    読んでいる私は思わず感情移入してしまいました。
    息子もシンプルな展開が分かりやすかったのか、興味を持って見ていました。
    特にぴょんぴょんはねるページが大好きで、少し年齢を重ねてからは声に出して読んでいました。

    掲載日:2013/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動きがおもしろい

    はっきりとした色あい、優しい語り口、
    私自身が大好きな本ですが、
    0歳、まだ息子が歩き始めない頃、
    反応がイマイチでした。

    1歳すぎ、靴をはいてあるくようになってからは
    食い入る様に聞いて、終わると「もういっかい!」
    軽々と歩いていくくつの様子が、みていて
    気持ち良かったのかもしれません。

    転ばず歩けるようになった1歳8カ月の今では、
    自分でめくって読んでいるお気に入りの本となりました。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前の読み聞かせに

    くつくつあるけの本の中で娘が一番好きな本です。
    ぱたぱた、とんとん、ぴょーん、など音が楽しいのかしら。
    最後にくつくつがぐーぐーと眠るので、「おつきさま こんばんは」と共に、寝る前の読み聞かせ定番です。

    掲載日:2011/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぼくのファーストシューズ

    うちの長男がくつをはくようになる前から読んでいたので、
    自分のくつよりも先に、この絵本の中のくつに愛着がわいてしまった様子。
    長男にとってのいわゆるファーストシューズは、この絵本の中のくつだったと思います。

    「ぱたぱたぱたぱた」
    「とんとんとん」
    「ぴょんぴょん」
    と音の面白さに、赤ちゃんは夢中になります。
    そして最後に、二つのくつが寄り添って眠る安心感。
    その繰り返しがとても心地よいです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • くつの一日

    簡単なお話なのにとても素晴らしいストーリーでした。
    くつがおさんぽに出かけて、一日の楽しい冒険って感じがします。

    お話を読んでいくと、とってもいいテンポで読み進めていけるので気持ちがいいです。だからか、娘も楽しそうに聞いてくれますよ。

    娘はまだ歩きませんが、歩き出してくつを履いて出かけるようになったら、きっと、もっともっと喜んでこの絵本を読めるだろうなぁと思います。

    掲載日:2011/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • くつくつ!

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    9ヶ月の息子が23歩歩き出した。まだ履くには早いくつを小さな手で抱えて喜んでいる。
    絵本の威力、小さい子どもから実感している、まだまだママは新米です。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くつくつあるけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(175人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット