うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

くつくつあるけ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

くつくつあるけ 作・絵:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1986年06月
ISBN:9784834006827
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,434
みんなの声 総数 175
「くつくつあるけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なかなかお外で手をつないで歩いてくれない娘に
    『おつきさまこんばんは』が大好きなので、同じシリーズのこちらの本も楽しんで読んでいます
    特に『ぴょん ぴょん じょうず じょうず もっと もっと ぴょん ぴょん」のページは
    今ジャンプに嵌っているので、娘も飛んだり跳ねたりしています
    転んでもちゃんと『ひとりで おきるよ』な、くつくつはとてもえらいと思いました
    娘もそんな風に強くなって欲しいと願って読んでいます

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな靴

    きっと、0才くらいの赤ちゃんが対象の絵本なのでしょう。
    でも、うちの2才の子も楽しんでいました。
    一度読んであげた後すぐに「くつの絵本」と言って、覚えてくれていたので嬉しかったです。
    とても小さな靴は、ファーストシューズを思い出します。

    掲載日:2012/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きくなっても

    2歳10カ月の息子と読みました。
    最近、林さんの絵本「こんとあき」が大のお気に入りの息子。
    その息子が図書館で、これ読んでと選びました。
    絵の雰囲気も違うように思うのに、何か通じるところがあるのかな?
    とても不思議です。

    この絵本、もっと小さい頃にも読んだことがありますが、その時はあまり興味を示しませんでした。
    が、今はとてもお気に入り。
    短い絵本だけれど、何度も読んで読んでと持ってきます。
    ぴょんぴょんと跳ねるところや、トントントンとつま先で歩く様子が
    気に入っているのかな?
    もう息子が読むには小さい子向きでは?と私が勝手に思っていたのだなと気付きました。
    本の背表紙は夜になって靴が眠っているんだよと教えてくれたりもし、
    成長を感じる1冊になりました。

    掲載日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい散歩

    このほかの3冊はもっているんですが
    こちらは初めて読みました。
    もう2歳になったし、赤ちゃん向けよねと思っていたけど
    子供は靴が歩いたり、飛んだりするのが
    楽しかったみたいです。
    にっこりしながら見ていました。
    色合いも派手すぎずいいなと思いました。

    掲載日:2011/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • くつのおはなしに共感して

    くつ それは歩き始めた子供のだいじなもの
    子供は くつをはいて 散歩が大好きです 
    そんな くつの絵本は なかなか 興味があって表情たっぷりです
    子供だけでなく 大人も この絵本のリズミカルな 動きを楽しめますよ!
    今 2歳を過ぎた子が 両足跳びが出来て すごいすごいと ほめてあげると ニコニコ 嬉しそうなので ぴょん ぴょん 飛び跳ねるところが大好きです

    詩てきな 赤ちゃん絵本ですが 結構大人の心を揺さぶるかもしれませんよ

    楽しんで 読んでみてくださいね!

    くつくつ あるけ 「あんよがじょうず!」

    掲載日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム感にのって♪

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    歩き始めのあかちゃんの、楽しいお散歩を思い浮かべる絵本です。

    くつくつあるいた ぱたぱたぱた・・・
    2歳のときに長男が、「おつきさまこんばんは」の次に暗誦した絵本です。

    自分が歩きながらも、口ずさんでいました。

    くつが、歩いて行く様子が、音の言葉とともに表現されているので、小さい子供には、とっても馴染みやすい絵本だと思います。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ころんじゃった・・・

    「くつ」が主人公。
    はいてるのは男の子かな?女の子かな?
    でも人は出てきません。

    「くつ」がぱたぱた、とんとん、ぴょんぴょん、歩いたりつまさき歩きしたり跳んでみたり・・・

    2歳の子供に読み聞かせましたが、読んでいる間はくつと一緒にお散歩気分なのでしょうか?
    くつが転ぶと、「転んじゃった!」と自分も体をゆらして楽しそうです。

    掲載日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気にぴょん

    最初、娘がもっと小さい頃に読んだ時はあまり反応がなく、
    私自身もどのページも靴だけでちょっと…とほとんど読みませんでした。
    そしてまた2歳過ぎて読んだのですが、うちの娘には逆にこの時期のがヒットしたようです。
    靴がぴょんぴょんはねること、転んでしまっていたたたたとなること、
    ひとりで頑張って起き上がること、これらの動作が自分と直結したからかな?
    同じものの変化を楽しむという点では小さい子から楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2008/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くつくつあるけ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / いないいないばあ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(175人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット