ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

クリスマスにはやっぱりサンタ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

クリスマスにはやっぱりサンタ 作:ビル・ピート
訳:いまえ よしとも
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1979年11月
ISBN:9784593501212
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,463
みんなの声 総数 8
「クリスマスにはやっぱりサンタ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新し物好きのサンタ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    クリスマスの時期なので、読んでみました。
    原題は、Countdown To Christmas

    物語は、サンタじいさまのおもちゃ工場で、小人たちがせっせとおもちゃ作りをしているシーンから始まります。
    何を思ったか、サンタじいさまは、お決まりのサンタグッズを一新しようとします。
    トレードマークの袋は捨ててしまうし、ソリはサイケ調に塗ってしまうし、来年はジェットソリにして、トナカイをお払い箱にしようとさえ考えているのです。
    その話を聞いたトナカイ達の打ちひしがれる姿が、何とも言えません。

    新調した袋は物が沢山入らず、さらに、ソリとトナカイを空に飛ばせる魔法の袋だったことがわかり、サンタじいさんの袋探しが始まるのです。

    ストーリーの発案自体は良いと思うものの、あまりに袋を探す部分が長すぎて、間延びした展開になっています。
    新しもの好きなサンタという設定なので、もっと思い切った話にした方が古きよき物が際立ったと思うのですが、余りに中途半端。
    心に響くようなストーリーに至っていないのが残念です。

    ただ、絵自体は、おもちゃ工場の描き方なんて、見るだけで楽しさが伝わる手の込んだもの。
    絵を見て充分に楽しめると思います。

    絵本の世界では、サンタは、古きよき物として描いて欲しいもの。
    亜流として描くなら、もっと思い切った冒険が絵本には必要ではないでしょうか?

    掲載日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「クリスマスにはやっぱりサンタ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット