もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

そらいろのたね」 大人が読んだ みんなの声

そらいろのたね 作:中川 李枝子
絵:大村 百合子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1967年01月
ISBN:9784834000849
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,968
みんなの声 総数 242
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おうちの種なんてすごいです

    飛行機がほしいキツネが、交換にくれた空色の種。
    そらいろのたねと言うだけで、わくわくする題名です。
    そして、出てきたものは、ちいさなそらいろのおうち。
    こんなものが生えてくるなんて、すごいです。
    ちいさなどうぶつや小鳥たちが住み始めたところまでは
    楽しかったのですが、後は、どんどん、どんどん大きくなりすぎて
    ちょっと怖いです。
    そしてきつねが、なぜあんなに意地悪になってしまったのでしょう。
    終わり方が、なんだか残念な気持ちです。

    掲載日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本自体は以前から知っていたものの、最近初めて読みました。

    そらいろのたねから生えたのは、青い家。

    その発想にまずビックリ!!

    どんどん大きくなっていく家がすごく可愛くて、子どもの頃に読んでいたかったなぁと思いました。

    大人になった今でもワクワク♪

    いばりんぼなキツネが独り占めした途端、消えてなくなっちゃう。

    みんなで仲良く遊ぼうねっていうシンプルなメッセージも好きです。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな頃

    小さな頃とっても好きだった本で、よく内容を覚えていました。種から家がでてきて、それがぐんぐん大きくなってお城みたいになるんですよね。夢が膨らみます。でも欲張りなキツネさんが登場して独り占めしてしまいます。。だから結末はさみしいけれど、でもやはり、自業自得というかんじもします。ハッピーエンドばかりじゃないけど、考えることも大切だなと思います。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐりとぐらのコンビの作品です

    ゆうじときつねは 宝物のひこうきと そらいろのたねをとりかえっこ
    「そらいろのたね?」
    きつねは そらいろのたねから 小さな おうちが 咲くと知っていたのかしら?

    家はどんどん大きくなって 夢が広がります ひよこも ネコも ぶたも ともだちも みんな みんなのステキな お家 ぐりとぐらもいるよ  勢揃いです
    そんな みんなの 夢のお家を  きつねは 「ぼくのうちだから みんなでていってくれー」
    こんな 意地悪いって 独り占めしたから・・・・

    オチは こうなるか  
    でも 「そらいろのたね」 こんな不思議なたね きつねは どこで手に入れたのかしら?

    ちょっと気がかりな 終わり方でした

    作者のメッセージは伝わります
    でも・・・・  いろいろな 解釈できます

    掲載日:2013/07/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲張ったらダメなんだね

    以前から表紙を見ていて知ってはいたけれど、読んだ事はありませんでした。同じく絵本好きな妹のお気に入りで読んでみました。

    とてもかわいい絵本。
    そらいろのたねを、私も植えたくなったけれど、どちらかというときつねさん的に自分の家が欲しい大人な私。
    本当はみんなと遊ぶことができる、そらいろのおうちであるべきなんだろうなぁ、とちょっと反省。

    純粋にお勉強になる一冊でした。

    掲載日:2012/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • わくわく

    種をまいたら、家が咲いてどんどん大きくなっていくなんて、とても夢のあるワクワクするお話だと思います。
    本当にこんなことがあったら・・と想像しちゃいます。
    終わり方がちょっと悲しい感じもありますが、とても好きなお話です。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中川さん

    中川さんの作品だったのでこの絵本を選びました。人に親切にする人は幸運に恵まれる事を教えてくれる絵本でした。主人公が大切な物や素晴らしい物だからと独り占めせずに友達と分け合って楽しむ所が素敵だなと思いました。楽しい雰囲気はどんどん伝染する事も表現しているのが良かったです。こんな素敵な種を私も植えてみたくなりました。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い出の一冊です。

    子供の頃からとても大好きな本です。
    種をまいたら家がでてきてどんどん大きくなって…という展開というか、その発想自体に感動したのを今でもよく覚えています。
    この「ぐりぐらコンビ」の作者さん達の描くファンタジーは、ロマンチックというよりはむしろ素朴で、実際はありえないのに、子供からみていつも自然なんです。
    勿論このそらいろのおうちも。
    読者を疎外させない、むしろ絵本の方からこちらをひきこんでくれるような、そんな絵本だと思います。
    それから大人になった今も、家のなる種には心底憧れます笑

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎな種

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ゆうじは、のはらで、模型飛行機で遊んでいました。そこへ、きつねがやってきて、そらいろの種と、模型飛行機を取りかえっこしました。
    そらいろの種を、大事に土にうめ、水をやると、翌朝、豆粒くらいのそらいろの家が出てきました。ひよこが住みました。
    そらいろの家は、少し大きくなりました。次に猫が住みました。次から次に、動物たちがやってきて、そらいろの家は、どんどん、大きくなっていきました。そして、お城のように、りっぱな家になっていきました。

    まるで、日本版『てぶくろ』を思い出させてくれる内容でした。
    ゆうじ君の優しさが、あちらこちらで感じることができます。あまり欲のない、優しいゆうじ君だから、何のかげりもなく、空色の家は、どんどん大きくなっていったに違いありません。きつねの表情の変化も、見逃さないようにしましょう。

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこかで読んだような・・・

    【そらいろのたね】ってすごく好き!!どこかで読んで好きになって、大人になってからたしかCMで流れて『あ!これ!!』って思い出してからまた読みたくなったの覚えてます!
    すごく分かりやすいお話で見てて面白いですよ♪
    子供の頃これを読んで『キツネみたいにひとりじめしちゃいけないんだ!』って思ってました(笑)
    流れるように淡々としたお話しだけどすごく面白いです!

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「そらいろのたね」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(242人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット