ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

おおきなたまご 改訂新版」 大人が読んだ みんなの声

おおきなたまご 改訂新版 作:寺村 輝夫
絵:和歌山 静子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:2003年12月
ISBN:9784251000644
評価スコア 3.81
評価ランキング 29,099
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • コケコッコーの呪文

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    「たまごのほん」シリーズのようですね。
    『おしゃべりなたまごやき』や『ぞうのたまごのたまごやき』の作品もある寺村さん、
    たまごはお気に入りのアイテムなのでしょうか。
    さてさて、にわとりが、小さな卵を見て、みんなを呼んで卵焼きをごちそうとするのです。
    でも、小さい卵では役に立たないので、卵を埋めて、大きな卵を作り出すのですね。
    「コケコッコー」と唱えて、芽が出て花が咲き、実がなって…。
    科学的にはちょっと問題があるような気もしますが、
    にわとりの思いに免じて目をつぶりましょうか。
    そうそう、ラストのみんなの笑顔、とっても素敵なのですから。

    掲載日:2014/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母としてはちょっと気になる発想ですが…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    低年齢のお子さん向けの本です。
    奇想天外で面白かったです。
    しいていうと、にわとりたちが自分の卵で「ご馳走しよう」という発想が、子どもを持つ母親の一人としてはちょっと気持ちがついていけませんでしたが、それを除けばどんどん大きくなるたまご(の種?)は面白かったです。

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おおきなたまご 改訂新版」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(3.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット