庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ピッケとポッケのおとなりさん」 大人が読んだ みんなの声

ピッケとポッケのおとなりさん 作・絵:とりごえ まり
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年12月
ISBN:9784333020393
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,496
みんなの声 総数 16
「ピッケとポッケのおとなりさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ピッケとポッケの続編ですね。

    「ピッケとポッケ」を先に読んでいると
    この おとなりさんというお話もわかりやすく入っていけますね。
    姉弟だけでなく おとなりに引っ越してきたミュウちゃん。
    おすまし顔のピッケちゃんは
    愛想がよくない(笑)から とっつきが悪い?
    友達や周りから誤解されやすいタイプ。
    弟のポッケちゃんは姉のことをよく見ていて
    しっぽのうごきに注目。
    きょうだいが仲がいいからお互いに理解しあって
    うまくいくんですね。
    可愛い絵本ですが 性格や人間関係(ネコですが)の
    感情のようなものを読み取るとしたら
    小さいお子さんにはむつかしいかもしれませんね。
    でも読んでおきたい絵本だと思います。

    掲載日:2016/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 続編

    ピッケとポッケが面白かったので続編も読んでみました。
    ピッケとポッケの隣の家にお友達が引っ越してきます。ピッケはお友達になりたいなぁと思っているのに、相変わらずおすまし顔なので、お友達もなんとなく嫌われていると思ってしまいます。でもポッケが「お姉ちゃんは喜ぶとしっぽをふる」という情報をお友達に伝えます。ナイス、ポッケ!!
    そうして2人は仲良くなれるというストーリー。
    ピッケとポッケどちらもとっても可愛くて大好きな絵本です。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • とりごえまりさん

    とりごえまりさんの作品だったのでこの絵本を選びました。お姉さん思いでしっかりとお姉さんの事を理解している弟が素晴しかったです。お姉ちゃんに幸せになって貰う為に一肌脱ぐところがかっこ良かったです。お姉ちゃんの尻尾はとても正直者なので可愛らしいなと思いました。友達っていいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2009/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピッケとポッケのおとなりさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット