大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ねずみのかいすいよく」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ねずみのかいすいよく 作:山下 明生
絵:いわむら かずお
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1983年
ISBN:9784893251923
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,446
みんなの声 総数 63
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やっぱり定番

    「4,5歳から」ということだったので、少し早いかと思いましたが、3歳で購入。
    ですが、さすが定番!
    最後まで集中力を欠くことなく楽しそうに聞いていました。

    海水浴というものに行った事がない息子は海に興味津々。
    (海は行った事あるんだけどなぁ・・・)
    「なんで水が来るの?」などの質問が続々。
    今では本を開くと
    「海はねぇ、波がざぶんざぶんってきて、砂のところにも水が来てさぁ、石の上にさぁ〜」と説明をしてくれるほど。

    4歳になった今でも「どのねずみにしようかなぁ〜」と言っては選んで持ってきます。
    長く読むことのできる素敵な本だと思います。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海だあいすき

    いわむらさんの「14ひき」シリーズになじんでいたせいか
    「くんちゃんだくんちゃんだ」と娘は喜んでいました。
    親としては7つごって大変そうだなあ。14ひきの方は
    おじいちゃんおばあちゃんもいたし、きょうだいも歳が違う
    から頼りになるだろうに・・などと思いましたが(笑)。

    でもちっちゃくとも頼りになった子ども達!
    おとうさんを助けてくれて安心しました。
    私がおかあさんだったら絶対おとうさんに文句言ったと思う
    けれど、おかあさんもどっしり構えていて「また、みんなで
    かいすいよくにいきましょうね」なんて言えるなんて素敵でした。

    娘も海が大好き。
    ねずみちゃん達の気持ちがようくわかったと思います。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにぎりおいしいよね

    7つ子のかわいいねずみたちが、みんな思い思いに、海遊びを
    満喫して、家族そろって楽しくお昼を食べる。
    その後、大事件が…
    そんなねずみの家族の夏休みの一日が、やさしく愉快に描かれています。

    海辺で食べるおにぎりって、なんでこんなにおいしいんだろうと
    子供の頃に思ったことを、大人も懐かしく思い出してしまいます。

    帰りの電車で、みんな夢の中。
    そんな姿を見ると、早く夏が来ないかなと親子で楽しみになりそうです。

    掲載日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんの威厳が…

    いもほりと一緒に図書館で借りてきて、いもほりを読んだ後だけにう〜んって感じでした。みんなで力合わせて、というところは素晴らしいけど、お父さんの面目丸つぶれですね。
    いもほりであれだけ知恵があったのに今回はからっきし。読んでて応援してたんですが、残念ながらその声は届きませんでした。
    やっぱり男は泳げへんとカッコ悪いと思うんやけど。どう思います?

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもほりがステキすぎて…

    ねずみのいもほりが大好きなので、夏の話だしこれも…と思ったのですが話を読んで買うのは断念。みんなで力を合わせてパパを助けるっていうとこはステキなのですが、やっぱりねずみのいもほりの想像力豊かな点に比べると、ちょっとお話が脆弱なような…
    手元に置いておくほどではないな、と思い買うのを断念しました。
    でも逆に言えば、いかにねずみのいもほりがステキだったか、という事だと。非常に私的な感想で申し訳ないんですが。

    個人的には電車にみんなで乗ってるシーン。あれが微笑ましかったな。あんな大家族だと楽しいだろなあ♪

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 父ちゃんしっかりしろ!

    1ページ1ページ、細かいところまで暖かい絵です。

    海に向かうまでの電車の中、帰りの電車の中。

    海では、実は泳げない父ちゃん(残念。)を
    兄弟が力を合わせて助けます。

    情けないなぁ、と思ってしまいますが、子供たちが
    頼もしく嬉しくなってしまいます。

    このシリーズはどれも親子が協力しているので、
    読んでいると「もっとコミュニケーション取らないとなぁ」と
    思ってしまいます。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな家族

    ねずみの7つ子達が海水浴に出掛けます。
    みんな色々とやりたい事があり「目が届かないと大変だ」と子供達の心配したお父さんは、みんなの浮輪にロープを付けます。
    みんなそれぞれ海遊びを楽しみ、美味しいお弁当も食べて気持ちよくお昼寝していると・・・ お・お父さんが!!!
    見張り台にしていた岩が潮が満ちたせいで島流しに。
    これには息子・娘・私もビックリ。しかもお父さんが泳げなくてまたまたビックリ(笑)
    でもお父さんを思いやる7つ子としっかり者のお母さんで解決できました。
    優しいお父さんに仲良く協力し合う子ども達としっかり者のお母さん。

    そんなステキな家族でに私達もなりたいです。

    掲載日:2008/09/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねずみのかいすいよく」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ねないこ だれだ / だるまさんが / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット