庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おさらをあらわなかったおじさん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おさらをあらわなかったおじさん 作:フィリス・クラジラフスキー
絵:バーバラ・クーニー
訳:光吉 夏弥
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:1978年
ISBN:9784001151350
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,906
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんとなく耳が痛いような・・・・?

    お料理は大好きでせっせとやるのに
    後片付けとなったら なんとなく面倒で
    ついつい洗い物を溜めこんでしまう一人暮らしのおじさん。
    恐ろしいほどに積み上げられた洗い物の食器。
    最後には使える食器がなくなって
    とてもありえないものが食器代わりになってしまって
    「うへ〜〜〜!!!」と叫びたくなります。
    子供に読み聞かせながら 普段ズボラな私の行動を振り返って
    (ああ、他人事じゃないかも。。。)と思ってギクっとしてしまった私です。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこまで このおじさんは 貫くのかと…

     「やるな〜、このおじさん!」が息子の読後第一声。
     「たいしたもんだ〜」と私が言ったら、「ははは、感心しちゃダメだよ。」と息子。

     “こどもには、明るい笑いを”というクラジラフスキーさんの信条が、本当によく伝わってくる作品でした。

     どこまで、このおじさんは貫くのかと読みましたが、凄い!
     お皿の洗い方にも参りました。

     たくさんの来客と楽しい時間の後に、ド〜〜〜ンと残った食器のあまりの多さに、食洗機には入りきらず、3回まわしもめんどくさく、おじさんのような気持ちになったことがあるような、ないような〜。
     おじさんのように、括れる腹もなく、ははは、高揚した気分が冷めながらも台所に立つのでした。
     
     常識を逸脱した、スケールの大きいこの手のおはなしが、息子にはいつもうけました。

     7歳の頃の思い出の一冊です。

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  •  おじさんは、一人暮らし。ちょっととぼけていてひょうひょうとした感じのおじさんです。
     その日とても疲れていたので、お皿はそのままにして寝てしまいました。次の日も、その次の日もお皿をそのままにして、寝てしまいます。
     とうとう部屋中お皿だらけ、灰皿や植木鉢まで使うありさま。
     おじさんの気持がよくわかるのは、子供よりママのほうだと思います。料理を作るのは、楽しいけど片付けは、めんどうですよね。
     おじさんは、雨の日にお皿を全部トラックに載せて、外へ運びます。
     雨で洗ってしまいます。このおおざっぱさが、おじさんのキャラクターとピッタリで笑ってしまいます。
     それからは、もちろんお皿はその日のうちに洗うようになったそうです。片付けは、ためないでしよう!!というメッセージが子どもに伝わればいいですね。私は、自分にも言い聞かせています。

    掲載日:2009/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おさらをあらわなかったおじさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット