しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

やまあらしのぼうやのクリスマス」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

やまあらしのぼうやのクリスマス 作:ジョゼフ・スレイト
絵:フェリシア・ボンド
訳:みやちとしこ
出版社:グランまま社 グランまま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年
ISBN:9784906195398
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,642
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • う〜ん・・・

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    この絵本の大きなテーマは「いじめ」でしょうか・・・。
    劇に出たいという気持ちを無視し、バカにし、雑用ばかりさせるお友達の姿にムカムカ・・・
    それでも、NOとは言わず頑張るやまあらしのぼうや。
    それを意外な言葉で励ますお母さん。
    すごくすご〜く複雑な思いで読みました。
    実際、母親としてどんな言葉かけが一番良いのか・・・本当難しいものだと感じました。

    最後は念願の劇にも出れますが、ものすごくスッキリしない、ハッピーエンドとはほど遠いように感じました。
    みんなに認められ、受け入れられ、そして劇に出て欲しかったです。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんの愛情

    クリスマスにまつわる絵本なのですが、ちょっと読むのに勇気が必要なテーマです。

    主人公のやまあらしのぼうやは、自分の容姿にかなりのコンプレックスを抱いています。なぜなら、お友達に容姿のことでひどくからかわれているから・・・。
    クリスマスにみんなで劇をするのに、やまあらし坊やだけ、配役にいれてもらえず、裏方に回されてしまいます。

    この本を読んだ時期、ちょうど息子も幼稚園の発表会に向けて劇の練習をしているときで。
    このシーンを読んで、ひとりだけ役がもらえないなんて・・・とびっくりしていました。

    やまあらし坊やは、それでも裏方を頑張るんです。
    頑張れるのは、お母さんが坊やを精神的にしっかり支えているからなんでしょうね。
    「ぼうやはお母さんの心の光」
    繰り返しお母さんがささやくこの言葉。無償の愛情があふれています。

    お話のラストは、ハッピーエンド・・とまではいかないけれど、すこしホッとすることができました。
    きっとこの劇が終わったあと、お友達の坊やへの態度は変わるのかな。
    そう思いたいです。

    「いじめ」をテーマにした物語は、難しいですね。
    受け入れたくないけれど、現実にはこういうことはよくあるんでしょうし・・・
    この本を読んで、息子が息子なりになにかを感じてくれるといいなと思います。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「やまあらしのぼうやのクリスマス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / よるくま / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット