サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみ サンタクロースのはるやすみの試し読みができます!
文・絵: ロジャー・デュボアザン 訳: 小宮 由  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
クリスマスじゃなくてもサンタクロースは大活躍!

くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話 作:ジョン・シェスカ
絵:レイン・スミス
訳:青山 南
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1995年02月
ISBN:9784593503209
評価スコア 3.45
評価ランキング 37,064
みんなの声 総数 10
「くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おとぼけにはまった!

    コールデコット受賞作とはいえ、さまざまなおとぎ話の
    パロディのようですし、娘にはおもしろくないかな?こういう
    のって大人向きな気がするな・・と思いながら読んでみたのですが
    見事にはまったようで、びっくりしました。
    こういうの、楽しむことができるんだねえ。
    とはいえ、元々のお話を知っていないと楽しめないかもしれない
    なあ、どうなんだろうなあ。娘はかなり多くの元々の話を知って
    いましたから。『くさいくさいチーズぼうや』にいたっては
    私がわからず・・「おだんごパンだよ!」と。そうかー!そう
    言われてみればそうだねえ。他の方のレビューで『ショウガパンぼうや』
    が元になっていると書かれていましたが(そうして訳者である
    青山南さんのあとがきにもそう書いてありましたが)、ショウガパン
    ぼうやもおだんごぱんも似たようなものだからよしとしたいです(笑)。
    また『ショウガパンぼうや』の絵本も読んでみたいです。

    すっかりいい気分になった娘は、いつものように絵本を作って
    いました。『おとぼけのはなし』だそうで。表紙には大きなおおかみ
    の口の上に「赤ずきん」や「こびと(靴屋さんを助けるこびとね)」
    が載っていたり、呪文のような文章が書かれていたり。
    「面白い話書いちゃった〜。ぐふふ〜。おもしろい〜」とご機嫌でし
    たが、読んでみるとおもしろくない(笑)。娘がいつも普通にまじめに
    書いている絵本の方がよっぽど笑えておもしろい。
    もちろんそのことは娘には内緒ですが(笑)。
    「笑いをとる話」って難しいんですねえ。それとも小さい子ども達は
    娘とおんなじようにおもしろーいって思うのかなあ(子どもの笑いの
    ツボと大人の笑いのツボは違うだろうからなあ)。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / だるまさんが / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット