貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

マローンおばさん」 12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声

マローンおばさん 作:エリナー・ファージョン
絵:エドワード・アーディゾーニ
訳:阿部 公子 茨木 啓子
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1996年10月
ISBN:9784772190244
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,054
みんなの声 総数 7
「マローンおばさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

12歳〜のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わかちあい。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    森のそばで、ひとり貧しく暮らすマローンおばさん。

    誰にも気にかけてもらえず、優しくされもしなかったのに、
    寒い冬、次々訪れる弱った動物達に居場所を与えてやります。
    食べ物も分けてやります。

    「あんたの居場所くらい、ここにはあるよ」と。

    アリーナ・ファージョンの美しく慈しみ深い詩。
    そして見事な日本語訳は、声に出して読みたい独特のリズムです。

    マローンおばさんは、自分の全てを動物達にわかちあい、
    読むもの、聞くものにも大切なことを分けあたえてくれます。

    この本を読み、佐藤初女さんを思いました。

    アーディゾーニの多くも少なくもない絵が、
    マローンおばさんの心をそのまま表現しているようです。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    2

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マローンおばさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / おかえし / うみへいくピン・ポン・バス / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット