貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

クリスマスのものがたり」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

クリスマスのものがたり 作・絵:フェリクス・ホフマン
訳:生野 幸吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1975年10月
ISBN:9784834004557
評価スコア 4.73
評価ランキング 986
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスとは

    まず、絵が素晴らしい!
    息子はこういう絵に慣れてなくて最初は怖い絵だと言っていましたが、一読すると怖くなかったと言っていました。
    クリスマスの物語ですが、サンタが出てくるでもないので、子供はどこらへんがクリスマス?という感じでした。そこは、親がフォローしつつという感じです。

    ともあれ、キリスト教徒ではない人は、なかなかクリスマスの由来を聞くチャンスがないと思うので、この絵本で、さらっと理解出来るので良いと思います。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスの本当の意味

    日本に住んでいると、クリスマスと言うと「サンタさんからプレゼントをもらえる日」
    という認識しか、なかなか持てないですが、
    本来の意味も知ってて欲しいなぁと思い、この本を選びました。

    私は絵を見るのも好きなのですが、西洋の絵には宗教画も多いので
    将来、海外で絵を見る時にも役に立つなぁと思いました。

    落ち着いた絵はお話に良く合っていて、読んでいるだけで厳かな気持ちになりました。

    娘にどこまで届いたか分かりませんが、クリスマスになる度に読みたい絵本です。

    掲載日:2012/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「クリスマスのものがたり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


世界197の国と11の地域を紹介!開いて楽しいイラスト地図

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット