なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…

むっちゃんのしょくどうしゃ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

むっちゃんのしょくどうしゃ 作・絵:國本 りか
出版社:芽ばえ社
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年04月
ISBN:9784895792622
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,665
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 食べられない物があっても平気

    たまごと牛乳が食べられない子が、動物達それぞれの食材の違いをみて、強い心をもつお話でした。

    たまごと牛乳を食べられない子どもは自分でそれがわかっていて、親の言う通り食べないように気をつけようとするけれど、やはり周りでなんでもおいしそうに食べるのをみたり、自分だけ給食のメニューが違ったりと、さみしい気持ちを持っているのかもしれません。
    そんな子どもとお母さんに「他にも食べるものたっくさんあるよ」と教えてくれ、さみしい気持ちを吹き飛ばしてくれる絵本でした。

    我が子はアトピーではないけれど、お友達がアレルギーで食べられない物が多く、我が子はアレルギーを少し理解できています。でも、食べられない子どもの気持ちはまだ理解できていないかもしれません。
    まだ、自分は食べられてよかったぐらいの気持ちです。

    この絵本は、食べられない子どもや食べられる子ども、それぞれが読んで理解できる良い絵本だと思いました。相手の気持ちを考えるやさしい気持ちを育む絵本でした。

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「むっちゃんのしょくどうしゃ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きょだいな きょだいな / おひさま あはは / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くろねこかあさん / へんしんトイレ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット