ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ねぼすけスーザのおかいもの」 大人が読んだ みんなの声

ねぼすけスーザのおかいもの 作・絵:広野 多珂子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1997年2月5日
ISBN:9784834014136
評価スコア 4.76
評価ランキング 590
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スーザがかわいい!

    あらすじのみを読んで購入しましたが、とてもお気に入りの絵本になりました!
    まず、主人公のスーザが可愛い!
    マイペースだけど、心が優しい女の子なんです。
    おはなしの結末はなんとなく予想がつきましたが、
    この王道の展開が、かえってとても良いです。
    こころがあたたかくなる絵本です。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に素敵な女の子!

    スーザが住むスペインの異国情緒あふれるイラストもとっても素敵なこちらのシリーズ。
    今回はスーザが自分で働いて稼いだお金を持っておかいものへ出かけます。
    町の様子に様々な品物にわくわくする絵本です。
    スーザが探していた物は。。。買いたかった物は。。。
    スーザって本当に心優しい素敵な女の子だな〜と改めて思いました。
    「気持ち」の大切さがよく描かれていました!
    その気持ちに大人の私はキュンとウルウルです。

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • スーザンのような子に育ってほしいな。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    この作者の作品はあったかい人間関係がよく描かれていると思います。
    筆の色使いも素敵です。
    1つ1つの情景が丁寧で、ゆっくり楽しむことができました。
    スーザンの欲しいものが「自分のもの」ではないんだな。と、途中から推察していましたが、わかっていてもこういうラストはちょっとうるっときてしまいますね〜。素敵な女の子のお話でした。
    うちの子どもたちも自然にこういう気持ちが出てくる人になってほしいなと、思います。

    小学校2,3年生くらいから高学年くらいのお子さんたちに!
    学校の読み聞かせ等にもお薦めです。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお買い物

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子3歳

    ねぼすけのスーザがめずらしく早く起きて買い物に行きます。
    すてきなものをたくさん目にしても、我慢して我慢して、やっと見つけた一番素敵なものは一体なんだったのでしょうか。

    がんばってがんばってためたお小遣いで、何を買おうか楽しく考えていた子供の頃を思い出しました。
    でもスーザの選んだものは、私が選んできたものとは全く違うものでした。

    小さい頃から誰かのことを大切に思うことのできる優しいスーザに、心が温まりました。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんて優しい女の子。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    スーザとマリアおばさんは、オリーブ畑に囲まれた小さな村に住んでいました。
    スーザはねぼすけな女の子で、朝、ねこのベルダが鼻をこちょこちょくすぐっても、犬のホセが毛布をひっぱても起きません。マリアおばさんが、フライパンを10回叩いて、やっと起きるくらいです。
    ところが、ある朝、マリアおばさんよりもずっと早く起きて、丘をいつつ超えた街へと出かけていきました。

    ふだんは、朝、なかなか起きられなくても、何かあれば、きちんと起きることができるのは、なんだかわかるような気がします。私自身、学校の日には、なかなか起きる事ができなかったのに、遠足の日になると、自分で起きられたものでした。でも、スーザの場合は、もっと素敵な用事をする日だったのです。
    表紙を見て、外国の方が描かれた絵本だと思ったのですが、書いてある著者の名前は日本人。外国を舞台にしたお話で、優しい心、一生懸命な心が、いっぱい伝わってきました。表情の柔らかな描き方からも、優しさを感じることができます。

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ねぼすけスーザのおかいもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット