モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

しょうがパンぼうや」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

しょうがパンぼうや 作:ポール・ガルドン
訳:多田 裕美
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1976年
ISBN:9784593500215
評価スコア 4.1
評価ランキング 17,808
みんなの声 総数 9
「しょうがパンぼうや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 笑いを誘う挿絵

    同じおはなしで『おだんごぱん』もよいですが、元気でユニークな挿絵と、「にげてきたのさ おばあさんから、にげてきたのさ おじいさんから」という繰り返しのセリフが楽しいこちらの絵本も、親子でお気に入りです。
    おばあさんがつくった手も足もあるしょうがパン坊やが、オーブンの扉が開けられたとたんに飛び出します。途中ウシやうまやお百姓さんなどに出会い、みんなに追いかけられますが、「つかまえてごらん できるもんなら」と言ってしょうがパンぼうやは逃げ続けます。
    川で出会ったきつねに、上手いこと言われて「ぱくっ」と食べられてしまうシーンは衝撃的ですが、「パンだもんね」と妙に納得させられ、笑えてきます。残念そうにとぼとぼと列になって帰っていくおばあさんたちの様子や、満足そうに昼寝するキツネの姿もなんだか笑いを誘います。

    掲載日:2012/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 焼いてみたくなる姿

    2歳8ヶ月の息子に読んでやりました。

    ヨーロッパではよく知られたお話なのですね。ロシア民話だという『おだんごぱん』と内容が同じでした。地方ごとに食べるパンが違うように、お話も少しずつ違うのでしょうか。

    日本では『おだんごぱん』の方が断然有名なようですが、息子にはこちらの方が好評でした。しょうがパンぼうやという名前からして人格を持った子供のようですし、人間のような姿をしているので、走って逃げることを理解しやすかったのだろうと思います。

    これを読んでしばらくしてから、息子が道路を走って私から逃げながら、きゃっきゃと笑って何か喋っていると思ったら、「ぼくはパンぼうやだよ〜〜〜」と言っていました。

    最後にきつねがうまいこと少しずつ引き寄せてパクリといくところがたまりません。やっぱり追いかけたら逃げますよね。子供は逃げるのも好きなようですが。

    掲載日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「しょうがパンぼうや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.1)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット