あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

クマくんのふしぎなエンピツ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

クマくんのふしぎなエンピツ 作・絵:アンソニー・ブラウン
訳:田村 隆一
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1993年
ISBN:9784566003033
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,962
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 珍しい原色の作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    Ehon Naviに出会う前に、息子達と親子ともどもはまっていたのが、アンソニー・ブラウンの作品です。
    全部読破したのですが、投稿していない作品ばかりなので、再度読むことにしました。

    この作品は1979年の発刊で、邦訳は1993年です。
    アンソニー・ブラウンは、1946年の生まれですから33歳の極めて初期の作品です。
    今の作風とは一寸異なり、絵が原色で描かれています。
    ただ、隠絵は既に全開で、原色だけに非常に見つけやすいので、子供にとっては逆により楽しめる作品かも知れません。

    物語は、ジャングルなのに、何故かちびクマくんが鉛筆を持って歩いてるシーンから始まります。
    そこに二人のハンターが登場するのですが、その鉛筆は、描いた途端、本物になるという不思議な鉛筆で、捕まりそうなときに、難を逃れることが出来るのです。
    描いたものが、そのまま現れるというのは夢に近く、たまらないストーリーだと思います。

    1982年の「くまくん まちにいく」が続編と言えるのですが、テイストがかなり異なっているので、貴重な一冊と言える作品だと思います。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「クマくんのふしぎなエンピツ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット