まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

魔法の夜」 大人が読んだ みんなの声

魔法の夜 作:ドミニク・マルシャン
絵:アルブレヒト・リスラー
訳:木本 栄
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年
ISBN:9784061892187
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,772
みんなの声 総数 14
「魔法の夜」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おじいさんも犬も素敵!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    後書きの作者《ドミニク・マルシャン》の解説を読んで、改めて物語が一層鮮やかに伝わってきました。
    この物語に込めた彼の思いはどれほどだったんだろうと思うと、胸が熱くなります。

    イラストはフランス人のイラストレーター:アルブレヒト・リスラーという方が描いていました。
    主人公のおじいさんがちっとも欲深くなくて、すごく自然体で素敵でした。
    犬が選んだこれからの生き方も、とってもカッコ良かったです。
    この作品は小さなお子さんたちよりも、中学生・高校生や、大人たちに読んでもらい1冊です。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 願いは友だち

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    クリスマスの夜、老人は身寄りもなく、雪降る中を歩き続けるのです。
    そんな老人についていく白く小さな犬。
    いつしか心を通わせた老人と犬は、古小屋に駆け込み、一夜を過ごそうとした時、
    不思議なことが起こるのです。
    犬の正体、そして、老人が願いを聞かれた時の答え。
    静かに心に染み渡るストーリーです。
    色鉛筆でしょうか、雪景色の光景が実に見事です。
    静かな音が聞こえてきそうです。
    哲学的で崇高な味わいです。
    大人は特に感銘を受けると思います。
    題名に、納得です。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何を願いますか。

     優しい寝顔のおじいさんと白いかわいい犬の絵にひかれて、手にとってみました。 
     寒いクリスマスの夜、家のなかはとても暖かそうです。
     ただ、ひとりの老人はあてもなく歩いています。でも老人は明るい街が恋しくないのか、どんどん森の方に歩いていきます。
     そのあとを、一匹の白い犬がついてきていました。
     おじいさんは、その犬に優しくしてあげると、犬は自分は魔法が使えるので、ひとつ願い事をかなえてあげるというのです。
     おじいさんの願いは事は、とても心ひかれるものでした。
     ひとりでいるのが寂しくない人なんて、きっと、いないでしょう。 
     
     次の日おじいさんは、もうひとりじゃなく、朝焼けのなかまた旅にでました。
     忙しい毎日で時間におわれているなかで、ふと立ち止まって心がゆったりとする絵本です。

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「魔法の夜」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / だるまさんが / どうぞのいす / バムとケロのそらのたび

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット