ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる?の試し読みができます!
作: すとう あさえ 絵: さとう めぐみ  出版社: くもん出版
森でごちそうが消える事件が発生。さあ、絵本をめくって犯人を探そう! 探しながら楽しむ、春夏秋冬の定点観測さがしえ絵本。

じゃあじゃあびりびり」 1歳のお子さんに読んだ みんなの声

じゃあじゃあびりびり 作・絵:まつい のりこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1983年
ISBN:9784031024402
評価スコア 4.74
評価ランキング 844
みんなの声 総数 551
  • この絵本のレビューを書く

1歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 擬音の魅力

    読み聞かせによいからと当時1歳の子供にもらった本です。

    他に持っていた絵本と比べると最初は文字数が少ないような気がしたのですが、実際読んでみると娘は釘づけ!

    わかりやすい色づかいの絵と、幼児の耳に残る擬音が耳に残るようです。
    かみの『びりびり』のページが最初はお気に入りで自分でそのページばかり開いてました。

    2歳の今でもときたま手にとって読んでます。1歳の時には興味なさそうだった踏切のページやあかちゃんのページは、今は意味がわかってきたのか『あっ、ふみきり!』『あかちゃんないてるねえ』と話しながら楽しんでます。

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • この絵本のおかげで

    この絵本のおかげで、自動車のことを「ブブ」とか飛行機のことを「ブーン」、犬のことも「ワンワン」と覚えることができたように思えます。
    散歩中の犬を見て「ワンワン」と楽しそうに指をさしています。

    読ませた当初(0歳)の頃は、踏切を分からそうにしていましたが今では、踏み切りを見て「カンカン」と言い出します。
    いつの間に覚えたんだろうとびっくりします。

    絵本のサイズも子供の手に持ちやすくできているようで、絵本棚から取りやすく、また荷物が多いママバックにも隅っこに入り、家以外でもとても使いやすいと思います。

    保育園でも読ませてもらっているらしいのですが、家でも「読んで読んで」と絵本を私に突き出します。

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • ファーストブック

    この絵本は友達からプレゼントとして頂いた絵本です。
    初めて娘が手にした時はまだ8ヶ月でしたが、1歳になった今では内容も理解出来るものが増え、今ではお気に入りの一冊になっています。

    色々なものや、動物が音で表現されています。その中にはもちろん赤ちゃんが初めて口にするかもしれないという身近なものが沢山ありました。わんわん、にゃんにゃん、ぶーぶー。

    うちの娘は「あかちゃん あーん、あーん」と赤ちゃんが泣いているページがあるのですが、そのページにくると泣きまねをして笑わせてくれますよ。

    ファースト絵本から、1歳になった今でも十分に楽しめるいい絵本だと思います。また、これからもどんどん言葉を覚えていくんだろうと楽しみです。

    掲載日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 音の魅力

    音の魅力を感じられる絵本でした。色々な音が登場するので娘も興味心身で目を輝かせて聞く事が出来ました。特に娘が気に入ったのは紙を破る音です。私からしてみればもう慣れてしまっている音なので気にも留めなかったのですが娘にはとても斬新だったようです。この絵本の御蔭で初心に戻ってもっと色々な物に対して敏感になろうと思う事が出来ました。本の大きさも小さめで娘も自分で持つ事が出来るのもいいなと思いました。

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「音」が耳にのこるみたい

    • のなさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子1歳

    娘の1歳のお誕生日プレゼントにいただいた本。

    大人の私には、ひと眺めしても面白いのかどうかわからなかったのですが、娘は大好き!!

    特に、「いぬ」「あかちゃん」のページがすき。
    あかちゃんのページでは、自分でも困ったような嘘泣きのような顔をしてみせます。

    「ひこうき」はみたことがないのでわからないと思っていたら、きちんと音では覚えていたみたい。

    空港に親戚を迎えにいくクルマの中で、「ひこうき、ぶ〜んってくるよ〜」とお話したら、「ぶ〜ん」と繰り返していました。

    あかちゃんの知的好奇心を刺激する本のようです。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 繰り返しの音が好き

    じゃあじゃあ、びりびり
    蛇口から水滴が落ちるのが印象的な絵本の表紙で、中身が想像つきませんでした。
    読み進めて、繰り返しの擬音が出てくる絵本か、と納得。
    繰り返し言葉はあかちゃんが大好きと言われますが、確かに好きな様子です。
    絵本を見つけると、読んで、と無言で持ってきます。
    読み始めると、自分でページをめくってくれます。

    特にビリビリが好きな様子で、読み終わっても、またそのページを開きます。
    読んでいると3歳になる子供も一緒になってみています。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子、一番のお気に入り

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    上の子もお気に入りだったこの本、今は1歳の息子のお気に入りです。大きさや紙の分厚さがちょうどいいのか、一人でながめていたりします。読みながら「うーうー」とよくわからない言葉を話している姿は、親ばかながら最高にかわいいです。読んでもらうのも好きで、持ってきて「読んで」と催促したり、読み終わると「もっと読んで」と泣いたりします。0歳からおすすめです。同じシリーズの「ばいばい等もいいです。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 持ち歩きにも便利

    出産祝いにいただいた本。
    最初はあまり反応がありませんでしたが、
    1歳を過ぎたごろから、毎日のように持って歩いて
    読んで!と差し出してきます。
    それぞれのページにとてもよく反応します。
    丈夫なので落としたりしても大丈夫。
    1冊目にちょうどいい絵本だと思います。

    掲載日:2016/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃん向け絵本の定番

    みずがじゃぁじゃぁ、かみがびりびり・・

    日常のいろいろな音が出てくる赤ちゃん向けの定番絵本♪
    小さい子にわかりやすい繰り返しの音ばかりなので、0歳から楽しめる本です。

    うちでは1歳の息子に読み聞かせましたが、いつも実際に紙をびりびりして遊んだり、水のじゃぁじゃぁという音を聞きながら手を洗ったりしているので、絵本の世界と実際の世界がつながります。

    言葉が出始める1歳前後の子に、特に良いと思いました(^^)

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ビリビリビリ

    0歳から読み聞かせていますが、
    1歳になってようやく聞いてくれるようになりました。
    特に、紙ビリビリビリのところで、ビリビリビリと
    子供も笑いながら繰り返し言うようになりました。
    飽きがこなくて良い本だと思います。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「じゃあじゃあびりびり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / きんぎょがにげた / おおきなかぶ / くだもの / 11ぴきのねことあほうどり / はらぺこあおむし / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

全ページためしよみ
年齢別絵本セット